安彦考真(年俸120円Jリーガー)の経歴や妻は?生活費と引退は?【激レア】

こんにちは、Hiroです。

2020年7月18日㈯22時10分からテレビ朝日にて、

「激レアさんを連れてきた」

放送されます。

今回は、『年俸120円の現役Jリーガー』

が登場されるということですが、

調査したところ、

安彦考真(あびこ たかまさ)さんであることが

判明しました!

ぜ、年俸120円で契約しているのか、

不思議に思いますよね!

それだけ、サッカーに対する思いが強いのだと思われますが、

一体、どういういきさつがあったのでしょうか?

経歴年俸120円でどうやって生活しているのか、

奥さんはいらっしゃるのか、

また、引退は考えているのか、

気になって調べてみました。

スポンサードリンク

安彦考真さんプロフィール

出典:https://www.townnews.co.jp/

名前:安彦考真(あびこ たかまさ)

生年月日:1978年2月1日(42歳)

出身:神奈川県相模原市

身長:175㎝

サッカーを始めたのは、幼稚園の時だそうです。

お父さんの影響もあり、野球もされていて、

お父さんとはキャッチボール、

友達とはサッカーの練習をされていたそうです。

そのまま中学までサッカーを続けられ、

現在の麻布大学付属高校のサッカーテストには合格したものの、

偏差値の問題で進学できなかったそう。

そこで、

仕方なく弱小高であった、

現在の相模原青陵高等学校に入学

そこから這い上がってプロを目指すのは厳しいと思った

安彦考真さんは、

高校3年生でブラジルに行くことを決めたそう。

しかし、両親の反対が強く、

高校を辞めてブラジルに行くことは断念。

短期間でも行きたいことを伝えると、

自分でお金をためていけばよいと言われ、

新聞配達で月に9万くらいは稼いだそうです。

そして、3か月のブラジル生活をして、

日本へ戻ってこられました。

高校は卒業しましたが、

日本体育大学の推薦入試に落ちてしまい、

結局、進学はせずアルバイトをしながらOBとして、

高校の練習に行って後輩を指導しつつサッカーを続けていたそうです。

2年ほどそんな生活をしていましたが、

再度ブラジルに渡り、

グレミオ・マリンガというプロチームと契約することができたのですが、

リーグ開幕前に前十字靭帯を断裂

そのため契約を解除されてしまったそうです。

しばらくブラジルにいたものの、

ビザの関係で日本に帰国。

縁があってジーコの兄であるエドゥーのもとで、

選手兼コーチ兼通訳として働き始めました

清水エスパルスとサガン鳥栖の入団テストも受けましたが、

ダメだったそう。

その後、大宮アルディージャから通訳のオファーがあり、

3年間通訳として働き

その後は北澤豪さん(元東京ヴェルディ)のもとで

「FOOT」というスクールの立ち上げに携わり、

北澤さんの個人事務所のマネジメントも行ないながら

7年間働いたそうです。

その間10年ほどサッカーをしていなかったそう!

当時はお金に余裕があり、

恵比寿の高級住宅に住んでいたそうですが、

どこかやるせなさと、仕事へのモチベーションがなくなってきたそうです。

そんななか、きっかけがあり、

プロになりたい純粋な気持ちが戻ってきたそう。

そして、仕事を辞めてしまったそうです!

年収900万を捨てる決意はすごいですね!

スポンサードリンク

安彦考真さんの生活費と妻はいるのか?

出典:https://www.asahi.com/

そこで、安彦考真さんは、

まず、

水戸ホーリーホックの練習生として参加させてもらいました。

クラウドファンディングでお金を集めて

沖縄キャンプにも参加したそう。

そうして3か月、厳しいメニューもあきらめず続けたら、

まわりから認められ始めたそうです!

努力の成果ですね!

そして、2018年3月に「水戸ホーリーホック」と

「年俸10円」という破格のプロ契約を結んだそう!

しかし、残念ながら、

デビューを果たせず、契約満了。

2019年1月にYS横浜に加入。

「年俸120円」での契約となったそうです。

そして、今は両親と実家暮らしだそうです。

父親の軽自動車を借りて練習に通っているとのこと。

また、講演会などからも収入を得ているそうです!

それで生活は何とか成り立っているのですね!

ということで、ご結婚はされていないのだと思われます

他に情報も特に見つからず、

今は結婚よりも夢に向かって邁進されているのだと思います!

安彦考真さんの引退はあるのか?

出典:https://www.zakzak.co.jp/

2019年3月の開幕戦で、41歳1か月9日で

「Jリーグ最年長デビュー」を果たした安彦考真さんですが、

ジーコさんがJ創設の1993年に

J1鹿島で記録した40歳2カ月13日を抜いたとのこと!

そして、YS横浜から来季の契約更新が発表された際、

こうおっしゃったそう。

「40歳でJリーガーになり、41歳でJリーグデビューをし、

42歳になる2020年を選手としてのラストイヤーにする

決意した安彦です。

来季でJリーガーとして3年目を迎えます。

2020年というスポーツ界にとって

非常に大きなターニングポイントとなる年を、

選手生活の最後と決めました」

出典:https://www.sponichi.co.jp/

オリンピックを意識してこのようにおっしゃっていました。

また、このようにもおっしゃっています。

「どんな選手も毎年必ず選手でい続けられる保証はありません。

いつでもどんなときでも常に自分をリングのコーナーに追い込んで

挑戦してきました。

始まる前から「今年で終わり」と決めたサッカー人生が

どんな自分を生み出すのか、

細胞から開花するそんなギリギリの戦いをしたいと思います」

出典:https://web.ultra-soccer.jp/

2020年は覚悟に始まった安彦考真さん。

それなのに、コロナウイルスの影響もあり、

開幕が遅れたJリーグ。

その間、ファスティングや動物性たんぱく質を絶ったりして、

肉体改造も行っていたようです!

最期の戦いで、ぜひゴールを勝ち取って欲しいですね!

スポンサードリンク

まとめ

以上

安彦考真さんプロフィール

安彦考真さんの生活費と妻はいるのか?

安彦考真さんの引退はあるのか?

についてでした。

小さいころからサッカーを続け、

ブラジルにまで渡りながらも、

サッカー選手の道を一度は断念した安彦さん。

しかし、40歳にして再度挑戦されたのは、

本当に素晴らしいと思います!

安彦考真さんはご自分のプレーの長所は

「人間力」だともおっしゃっています。

ドリブルやヘディングでなく、

チームの雰囲気を変える、

そんな選手であることを大事にされてきたそうです。

今期の活躍を期待しています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする