アウリイ晴奈(ハワイアンズフラガール)と震災復興キャラバンとは?【セブンルール】

こんにちは、Hiroです。

今回は、2020年3月10日㈫フジテレビ23時からの

「セブンルール」に出演する、

ハワイアンズのフラガールキャプテンアウリイ晴奈さんについてです。

2011年3月11日に発生した東日本大震災。

その時に大きなダメージを受けた福島のスパリゾートハワイアンズ

管理人も茨城県在住のため、ダメージはいろいろありましたが、

福島は、さらにひどかったことを思い出します。

ちょうどその頃に入社したフラガール、アウリイ晴奈さん

今、フラガールキャプテンをしていますが、

その経歴フラガールとしての想い

当時の震災復興キャラバンについて調べてみました。

スポンサードリンク

アウリイ晴奈プロフィール

名前:アウリイ晴奈 本名:鈴木晴奈(すずきはるな)

出身:福島県いわき市

1991年生まれ。

2011年3月 常磐音楽舞踊学院47期生として入学

同年10月12日 グランドポリネシアンショー

「きずなの足跡」にてデビュー

2013年4月 常磐興産株式会社内にて学院卒業、プロ契約

ハワイで研修。

2014年7月9日 常磐音楽舞踊学院 50周年記念 東京公演

「イムア・未来へ」出演

2016年8月 フラガール新体制により副キャプテン就任

2017年3月1日 ポリネシアングランドステージにて

「アウリイ晴奈」としてソロデビュー

(ハワイ語でアウリイ=優雅・優美)

同年9月10日 前任者の退団により、キャプテンに就任

2020年1月4日 マカレア麻衣さん退団により、フラガール最年長に。

ちなみにアウリイ晴奈さんは、学生時代に友人と外食中に

フラガール」の映画をみて

フラガールに関心を持ったそうです。

ちなみに、「フラガール」の正式名称は

「スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム」

ハワイアンズでは「フラガール」による

ポリネシアンショー公演が、

ほぼ毎日昼夜1回ずつ行われています。

新人フラガールは、毎年4月に常盤興産の社員として入社すると同時に

常磐音楽舞踊学院に入学します。

通常は、在学中のまま同年7月に舞台デビューし、同学院の2年課程を終了後、

プロダンサーとして契約するらしいです。

そして、ソロダンスを踊るフラガールはソロダンサーと呼ばれ

「ハワイアンネーム」が授与されます。

キャプテンを任されたアウリイ晴奈さんは、

キレイなうえ、優秀なダンサーなのですね。

震災復興キャラバンとは?

ところで、東日本大震災の際の、「震災復興キャラバン」とは、

どんなものであったのでしょうか?

東日本大震災が起こった時「スパリゾートハワイアンズ」は

休館を余儀なくされ、フラガールたちは踊る場を失ってしまいました

それでも原発事故の風評被害にあえぐ故郷いわき、福島、

そして東北の復興のため役に立ちたいと、

暗いムードの全国に笑顔と元気を届けたいと、

「フラガール全国きずなキャラバン」をスタート。

5月から10月までの間に全国26都府県と、韓国ソウルを含む

125カ所247回の公演を行いました。

各地で大盛況だったそうで、

きずなキャラバンでは、本当に温かい言葉をたくさんいただきました。

各地の方々からの応援メッセージや、ダンシングメンバー一人一人が

頑張っている姿に私自身も支えられました

と、元リーダーマルヒア由佳理さん。

そして、

2019年には「フラガール全国きずなキャラバン」復活公演

行いました。

そのときの目的は「恩返し」

現役ダンサーが当時訪問した場所などに出向き、

あらためて感謝の気持ちを届けました。

その時、キャプテンのアウリイ晴奈さん。

どんな気持であったのでしょうね?

アウリイ晴奈のフラガールとしての想い

アウリイ晴奈さんは、「フラガール全国きずなキャラバン」復活公演では

キャプテンとして参加されましたが、

震災復興時はキャラバンには加わらずレッスンに励んでいたそう。

キャラバンの際は、

先輩の踊りや言葉から、しっかりやるべきことをやっていく責任を感じた。

戻ってきた時に一回りも二回りも成長した姿で踊ることができたらいい

と決意を語っていたそうです。

フラダンスを通して、多くの人に想いを届けたいという気持ちが

伝わってきますね。

スポンサードリンク

まとめ

以上、アウリイ晴奈さんと震災復興キャラバンについてでした。

フラガールが、このような活動をしていたことは

まったく知らなかった管理人でしたが、

人を元気づけることは、いろいろな手段でできるのだな~、と

あらためて思わされました。

これからも福島と全国に笑顔を振りまいてほしいですね!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする