【つくば市】ベーカリーKubus(クーブス)がオープン!場所や営業時間は?

こんにちは、Hiroです。

今回は、つくば市のパン屋さんの紹介です。

パンの街であり、

パン激戦区の茨城県つくば市ですが、

2020年11月21日㈯に

つくば市千現に、

パン屋さんがオープンしたとの情報が!!

早速調べてみると、

お店の名前は、

ベーカリー『Kubus(クーブス)』

しかも、

つくば市の老舗のパン屋さんである、

「モルゲン」で店長さんを務めた方が

開業したとのこと!!

「モルゲン」は、

同じつくば市千現にあります。

長年通うファンも多く、

食パンをはじめ、

クロワッサンやサンドイッチ、総菜パンなど、

美味しいと評判が高く、

いつも混んでいるパン屋さん。

わざわざ遠くから買いに来る方もいます!

そんな評判高い「モルゲン」の店長さんだった方が

オープンしたとのことで、

期待大ですね!!

「ベーカリーkubus」の

場所や営業時間、

どんなパンがあるのか?

また、

実際、購入してみた感想です!

他のパン屋さん情報です!

スポンサードリンク

「ベーカリーkubus」の場所と営業時間は?

出典:https://tsukuba.goguynet.jp/

「ベーカリーkubus」の場所は、

茨城県つくば市千現1-15-1

オギハラコーポ103

駐車場は、

道を挟んで向かい側に

3台のみ止められます。

〈営業時間〉

平日:10時~18時 

土日・祝日 :9時~17時

〈定休日〉

毎週月曜日

第2・第4日曜日

それでは、「ベーカリーKubus」のパンは、

どんなパンがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

「ベーカリーKubus(クーブス)」のパンは?

「ベーカリーKubus」は、

店長さんが、

「今のライフスタイルや嗜好に合わせて

商品ラインナップを凝らし、

新しいパン食の価値を提供するために開業したお店」

だそうです。

Kubusのパンは、

厳選された高級食材をふんだんに使用しているそうで、

風味豊かでありながら、

安心して食べられるパンだそうです!

使用している小麦は、

国産高級小麦粉と

外国産高級小麦粉をブレンドしているそうです。

パンの種類によって、

ブレンドの配合を変え、

風味と食感の違いを楽しめるようにしているとか。

また、

自家製天然酵母にレーズン種とルヴァン種を

主に使用しているそうです。

そして、時間帯によって、

違うパンが並ぶそう。

「キューブ型高級ミニ食パン」は、

常時ラインナップ予定。

10時から12時は

ランチに最適な総菜パン

12時から16時は

ティータイムのお供になる菓子パン

15時頃には

食パンや翌朝の朝食に美味しく食べられるパン

並ぶとのこと。

それでは、

実際行ってみて、食べてみた感想です!

「ベーカリーKubus」のパンを購入してみた感想

管理人は、11月25日㈬13時50分ごろに行きました。

行ってみると、

品切れの為、

一時閉店中との張り紙が!!

しかし、その下には、

14時に焼きあがる

書いてあり、お店の人に聞いてみると、

もう少しで焼きあがるとのこと。

運が良かったようです!!

待っていると、

焼きあがったパンが次々と並べられました。

食パン、山形食パン、クロワッサン、

チョコクロワッサンなど。

管理人は、

今回は、普通の食パン1.5斤を購入。

値段は540円

翌朝の朝食にいただきました。

せっかくなので、

焼かずに

バターだけつけて試食。

シンプルで上品な味わいで、

美味しくいただきました!

巷の高級食パンのような甘さはなく、

より小麦の味わいがあるような感じがしました。

つくば市のパン屋さんに関しては、

こんな記事も書いています!

スポンサードリンク

まとめ

以上、

「ベーカリーKubus(クーブス)」の場所と営業時間は?

「ベーカリーKubus」のパンは?

「ベーカリーKubus」のパンを購入してみた感想

でした。

つくば市千現に

新しくオープンした

パン屋さん情報でした。

つくばには、

美味しいパン屋さんがたくさんありますが、

この「ベーカリーKubus」も

クオリティーが高く、

美味しいパン屋さんだと思います。

再度行ってみて、

他のパンも購入したら、

情報を追記する予定です!

再訪の情報は、次ページへ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする