タイトル戦の駒を作った遠藤正巳(駒師)の経歴や家族は?なぜ駒師に?【逆転人生】

こんにちは、Hiro です。

2020年7月6日㈪NHKにて22時から

「逆転人生」が放送されます。

今回は、駒師である、遠藤正巳さん

出演されます。

遠藤正巳さんは、

将棋の駒を作る職人です。

将棋と言えば、今、藤井聡太七段が、

活躍されていますね!

まだ17歳という若さなので、これからも活躍が期待されます。

一方、遠藤正巳さんは、

59歳という年齢から

将棋の駒を作り始めたというから、びっくりです!

遠藤さんは、どういう経緯で将棋の駒を作り始めたのでしょうか?

気になりますね。

また、経歴や家族についても調べてみました。

スポンサードリンク

遠藤正巳さんプロフィールと家族は?

出典:https://www.asahi.com/

名前:遠藤正巳(えんどう まさみ)

年齢:1952年生(68歳)

東京生まれ。

すぐに山梨県に移り高校まで過ごしました。

お父さんが地方公務員だった為、

県内で引っ越しを何度も繰り返したそうです。

高校を卒業後、上京。

パブでアルバイトを始めました。

そうするうちに、飲食業に興味が膨らみ、

将来は自分の店を持ちたいと思うようになったそうです。

ところが芸能プロダクションの社長と知り合い、

ギターの弾き語りに転身してしまいました!

各地のナイトクラブを回っていたところ、

秋田のお店でお客の女性に一目惚れし、結婚。

2人の子供が生まれたそうです。

そして、29歳の時、奥様が3人目の子供を身ごもりました。

それを機に弾き語りの仕事は辞め、

山梨に戻ったそうです。

自動車販売の仕事を2年間行い、

その後独立して、自分のお店をオープンしました。

お店はうまくいっていました。

しかし、44歳の時に転機が訪れ、

奥様が交通事故死

そこから店の経営は傾き、

2年後、お店をたたんだそうです。

それからというもの、

いろいろな仕事を転々とされました。

その数なんと20以上とのこと!

60歳になろうとする頃、母親の介護もスタートした上、

過去の年金記録がなくなっていて、

年金もあてにできないことも判明。

日中、母親についていないといけない為、

仕事を探さないといけなくなったそう。

そこで思いついたのが将棋サロンだったといいます。

そこから、将棋の駒を作ることになるまでに、

どんないきさつがあったのでしょうか?

スポンサードリンク

遠藤正巳さんが将棋の駒を作り始めたきっかけは?

出典:https://shogifun.org/

遠藤正巳さんは、近くの空き家を将棋サロンにすれば、

定年退職した人たちが集まるのではと思ったそうです。

そこで、ネットオークションを使い、

将棋盤や駒も買い集めたそうです。

そんなとき、

静岡県富士宮市を拠点とする将棋駒製作のグループ「富士駒の会」

展示即売会と駒彫りの実演をやるということを聞き、

遠藤さんは行ってみることに。

しかし、素人目には、

どれが良い駒なのか、分からなかったそうです。

その時、遠藤さんに声をかけた方がいました。

それが、富士駒の会で、

メンバーを指導している駒師の大澤建夫さんだったそう。

「気に入った駒がなければ、教えるから、

自分で作ってみたらいい」と。

そこから遠藤さんの駒作りの修行が始まりました。

年金の足しになればと、

スタートされたそうです。

作業は、母親の介護が終わってから、

夜8時から深夜2時ころまでだったそうです。

集中力がいる作業で、

1組40個作るのに、2か月かかるというから、

すごいですね!

タイトル戦に使われた駒は?

出典:http://www.igoshogi.net/

遠藤正巳さんは、修行を続け、

3年後、大澤さんの紹介で、

東京・渋谷区千駄ヶ谷にある、

日本将棋連盟の売店に駒を置いてもらえるようになりました

そして、修行を始めて7年、

2018年11月、将棋のタイトル戦である「竜王戦」。

第3局で遠藤さんの駒が使われました!

タイトル戦では、対局する棋士2人が、使う駒を、

いくつかの候補の中から、

話し合いで決めるそう。

羽生善治さん(当時、竜王)と広瀬章人さん(当時、八段)は、

不思議と2組とも、遠藤正巳さんの駒を選んでいたそうです。

羽生善治さんによると、

遠藤さんの駒が、

線がすっきりしていて見やすかったそう。

出典:https://shogifun.org/

ちなみに、遠藤正巳さんは、

最高級の「盛り上げ駒」しか作らないそうで、

それを作るには、高度な技術が必要だそうです!

実は、

駒師はみんな盛り上げ駒を作りたいけれど、

挑戦して挫折する人が多いそう。

遠藤さんは、

とても努力されたのもあると思いますし、

細かい作業がきっと得意だったのかと思われます!

スポンサードリンク

まとめ

以上、

遠藤正巳さんプロフィールと家族

将棋の駒を作り始めたきっかけ

タイトル戦に使われた駒

についてでした。

遠藤正巳さんは、

奥様にも先立たれ、

年金記録が失われ、

波乱万丈な人生を送ってこられました。

普通なら、絶望してしまいそうですが、

最期に、

ご自分の天職を見つけたのかもしれませんね!

今、将棋界は、注目されています。

だからこそ、今後も

多くの素晴らしい駒を作り続けて欲しいと思います!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする