【激レアさん】ギマさん(儀間太久実)の経歴は?口笛を始めた理由と動画も!

こんにちは、Hiroです。

2020年6月13日㈯22時10分から

「激レアさんを連れてきた」が放送されます。

今回、

『口笛を極めすぎて世界チャンピオンにまで上り詰めちゃった人』

のステイホーム生活が公開されるとのことですが、

それっていったい誰の事かと思い、

調べてみました。

すると口笛奏者の儀間太久実さんであることが

判明しました。

儀間太久実さんは、小学生の頃から、

口笛を吹き続けたという

珍しい方です!

しかも、2007年の『News Week』の

「世界が尊敬する日本人100人」にも選出されているという、

素晴らしい方。

その儀間さんは、なぜ口笛を始め、吹き続けたのか?

また、経歴や家族についても調べてみました。

スポンサードリンク

儀間太久実さんプロフィール

出典:コーエンプラス

名前:儀間太久実(ぎま たくみ)

生年月日:1988年2月25日

出身:大阪府狭山市

大阪府立金剛高等学校卒業

関西学院大学 総合政策学部 総合政策学科卒業

なんと、

祖父は沖縄の文化や戦争を描いた絵本作家の

儀間比呂志さんだそうで、

ルーツは沖縄にあるそうです。

2006年 第1回全日本口笛音楽コンクールで準グランプリを受賞

2007年  アメリカのノースカロライナ州で行われた、

国際口笛大会 第34回インターナショナル・ウィラーズ・コンベンションの

ティーンカテゴリーにおいて、

ポピュラー・クラシック部門共に1位を獲得し、総合優勝しました。

2013年  第6回 おおさか国際口笛コンクールにおいて

最優秀賞を受賞

素晴らしい経歴ですね!

そんな儀間太久実さん、

いつから口笛を吹き始めたのでしょうか?

儀間太久実さんが口笛を始めた理由は?

儀間太久実さんが口笛を吹き始めたのは、

小学3年生の頃だそうです。

3歳年上のお兄さんが、急に口笛を吹き始め、

それに憧れたとのこと。

道具を使わず、体から音が出ることが

カッコよく見えたそう。

それで、自分もやってみたいと思ったようです。

それ以来、口笛中毒のようになって、

吹けないことがストレスになるくらい

授業が終われば、すぐ口笛を吹く子供だったそうです。

まわりからは、

ただのうるさい子供と思われていたようですが、

それでも辞めなかったとのこと。

子供の好きなことに対する集中力が

そうさせたようです。

中学1年生の時に、

はじめて友達に、口笛を誉められたそうです。

それから友達のリクエスト曲を吹くようになったとか。

そして、高校3年生の夏に、

人生のターンニングポイントがきました。

中学時代の担任の先生から自宅に手紙が届き、

大阪で口笛の全日本コンクールがあるから出てみないかと。

そして、

「第1回全日本口笛音楽コンクール」に出場。

85人が応募して10人が進んだ決勝で、準グランプリに輝きました

そこで、世界大会の切符も手にし、

毎日7時間も河原で猛練習したそうです。

そうやって、口笛に磨きをかけ続けた結果、

なんと、世界大会で優勝されました!

その時から、自分は口笛で今後やっていくんだろうと、

思い始めたそうです。

そして、大学を卒業してからは、

口笛奏者として活動し始めました。

本当に口笛が好きなのですね!

「口笛のプロ」になることを決断されるって、

勇気がいることだと思います。

収入が安定せず、バイトもしたこともあったそうです。

やっと数年前から、

口笛の仕事だけで生活できるようになったとのこと。

儀間太久実さんの吹く曲と動画?

ところで、儀間太久実さんは、

どんな曲を主に吹いているのでしょうか?

儀間さんは、なんと、3オクターブの音域を出せるそう。

世界大会で優勝した曲は、モーツァルトの

「トルコ行進曲」だそうですが、

その他、「情熱大陸」「アメージング・グレイス」

「コンドルは飛んでいく」などから、

日本の「さくらさくら」など、

いろいろな曲を吹いておられるようです。

その他、儀間さんのYoutubeチャンネルでは、

口笛で「ロマサガエンディング」なども!

また、アルベルト田中さんとのコラボ動画も

ありました!

他にもありますので、ぜひ、気になる方は、

視聴してみてください!

スポンサードリンク

まとめ

以上、

儀間太久実さんプロフィール

口笛を始めた理由

儀間太久実さんが吹く曲や動画

についてでした。

儀間さんは小学生の頃から

口笛一筋に生きてこられました。

くじけそうになったこともあったそうですが、

ご自分を信じてきたからこそ、

今のご活躍があるのを感じます。

必要なのは、自分の身体だけ。

そんな口笛の魅力を、

どんどん多くの方に伝えていただきたいと思います!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする