【セブンルール】林和泉(文喫副店長)の出身や経歴は?文喫はなぜ人気?

こんにちは、Hiroです。

本日2020年9月8日㈫23時から、フジテレビにて

セブンルール」が放送されます。

今回出演するのは、

六本木にある本屋「文喫」の副店長である、

林和泉さんです。

そして、

「文喫」は、日本で初めての、

入場料が必要な本屋さんだそうです!

しかも、

それにもかかわらず、お客さんが多く、

土日は入場制限をしないといけないこともあるそうです!

一体どんな本屋さんなのか気になりますね。

「文喫」の人気の理由と、

林和泉さんの出身や経歴についても調べてみました。

スポンサードリンク

林和泉さんの出身や経歴は?

出典:https://pdmagazine.jp/

名前:林 和泉(はやし いずみ)

1992年岐阜県生まれ。28歳。

大学卒業後、

2014年に、日本出版販売株式会社に入社

首都圏の紀伊國屋書店3店舗の営業を担当し、

書店の売上改善や販売効率化の施策を行いました。

2017年より本の楽しみ方を拡大する

新規事業の立上げを担当。

2018年12月にオープンした

六本木の「文喫」の副店長を務めることになったそうです。

林さんは、幼いころから毎週末、

お父さんにくっついて、

図書館に通っていたそうです。

さまざまな本に触れるのが楽しみで、

高校生になるまで欠かさず通い続けたのだとか。

ご自分の人格を形成していく中に、

本は身近にあったそうです。

そんな林さんが3年前に「文喫」を作るプロジェクトが始まると、

店長と店のコンセプト作りから携わったそうです!

林さんにとって、

本は小さいころからずっと身近なものだったのですね。

それでは、

「文喫」とは、どんな本屋なのでしょうか?

スポンサードリンク

「文喫」とはどんな本屋?

出典:https://bunkitsu.jp/

場所は、東京・六本木。

青山ブックセンター六本木の跡地に作られたそうです。

青山ブックセンター六本木は

2018年6月に閉店したそうですが、

林和泉さんもずっと通って来ていたそうです。

この場所なら、「新しい本屋」の形を作り出せるのでは、と

文喫がつくられたそう。

文喫の入場料は、

平日1650円。土日祝日1980円

店内には、約3万冊の本が並んでいて、

なんと、お茶を飲むだけでなく、

横になって自由に本が読めるスペースもあるようです!

そして、気に入った本があれば購入もできます。

そして、本を読まなければいけないという

ルールがあるわけでもなく、

仕事をする場としても大丈夫だそうです。

疲れたら喫茶室でご飯を食べたり、

本を見て回ったり、

1日中滞在していても良いそう!

もちろん、眠ってしまっても、

閉店になったら起こしてくれるそうです!

そして、

「1タイトル1冊」しか置いていないそうです。

売り上げ目線に立てば、

人気の本を積み上げたほうが良いかもしれません。

しかし、

他の書店と同じでなく、

本との「一期一会」を大切にしてもらいたいという、

軸がぶれてはいけないと、

こだわっているとのこと。

面白そうな本屋さんですね。

とても興味をそそられます!

それでは、文喫がそれほどの人気の理由は

一体どこにあるのでしょうか?

「文喫」の人気の理由は?

出典:https://www.flierinc.com/

「文喫」は、1日100人が訪れるそうですが、

人気の秘訣は、

一般の書店では出会えない

珍しい本を取り揃えていることだそう。

その背後には、林和泉さんの影の努力があります。

毎日200冊発売される新刊のチェックやSNSでの反応など、

常に利用者のニーズに

アンテナを張り巡らせているそうです。

そして、文喫のコンセプトは

「恋に落ちる」

だそう!

本と出会うための本屋なので、

人との出会いと同じように、

大切な1冊に出会って欲しいという

願いが込められているのを感じますね!

大切な人に会いに行く感覚で

本屋に行くのってなんかワクワクしますね。

だからこそ、

「文喫」は人気なのですね!

スポンサードリンク

まとめ

以上、

林和泉さんの出身や経歴

「文喫」とはどんな本屋か?

「文喫」の人気の理由

についてでした。

林和泉さんは、

小さなころからお父さんと一緒に図書館に行き、

本と親しんでこられました。

だからこそ、

インターネットで、

簡単に本が買える時代であっても、

恋に落ちるように、

本と出会って欲しいという思いで

「文喫」を作られたのだと思います。

そんな面白い本屋さんが、

もっとできたらいいな、と思います。

近くにあったら、

お金を払ってでも行ってみたいと

思います!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする