ステーキ丼専門店「佰食屋」もコロナで経営危機?営業している店舗と場所は?【ガイア】

こんにちは、Hiroです。

2020年6月30日㈫22時から「ガイアの夜明け」

放送されます。

今回は、ステーキ丼専門店「佰食屋」(ひゃくしょくや)

取り上げられます。

「佰食屋」と経営者の中村朱美さんについては、

こちらの記事をご覧ください!

コロナウイルスの影響で、

飲食業界の方々は、多くダメージを受けていると

思われますが、

その中で、

京都のホワイト企業として、多くメディアでも取り上げられてきた

「佰食屋」は、

コロナウイルスの影響の中、

どのように経営してきたのでしょうか?

お客さんが減って、従業員も解雇せざるを得ないなか、

現在営業している店舗

また、コロナで経営危機のでしょうか?

気になって調べてみました。

スポンサードリンク

営業している「佰食屋」のお店は?

出典:https://www.100shokuya.com/

店の前に行列ができていた、人気店であり、

ヘルシーで美味しい

国産牛の赤身をお腹いっぱい食べられるお店、

国産牛ステーキ丼専門店「佰食屋」は、

コロナウイルスの影響で、

2020年4月11日(土)~5月24日(日)までの期間、

テイクアウトのみの営業をされていました。

5月25日から再開し、

国産牛ステーキ丼(単品) ¥1000+税

国産牛おろしポン酢ステーキ定食 ¥1100+税

国産牛100%ハンバーグ定食 ¥1000+税

このようなメニューが食べられます!

現在でも、テイクアウトはしておられるようです。

また、緊急事態宣言が出された20204月11日から、

佰食屋すき焼き専科、佰食屋肉寿司専科、佰食屋1/2

3店舗は休業をされたそう。

現在の状況です。

【佰食屋1/2】

5月7日から店内とテイクアウトを再開。

【佰食屋すき焼き専科、佰食屋肉寿司専科】

引きつづき休業中。

売り上げは、当然下がりますよね。

そんな中、「佰食屋」は

経営危機におちいっていたのでしょうか?

「佰食屋」はコロナで経営危機だったのか?

出典:https://r.gnavi.co.jp/

「佰食屋」は、1日100食しか販売しない、

昼食のみ営業し、従業員は全員18時に退社できるという、

面白い経営の仕方で、売り上げを伸ばしてきました。

そして、

3月いっぱいまでは、コロナウイルス影響は

まったくなかったそうです。

しかし、3月30日にすべてが一変したそう。

3月29日に京都産業大学でのクラスター発生。

そして、志村けんさんの訃報。

そこから、ガクンとお客さんが減っていったとのこと。

そして、4月7日、緊急事態宣言が発令され、

即座に休業を決定したそうです!

普段から3割くらいテイクアウトであった、

ニーズが高いステーキ丼の1店舗のみ、

テイクアウトでの営業をしながら、

他は休業としました。

すごい決断力ですね!

しかし、中村朱美さんは、

決して感覚で決めたわけではなく、

蓄積されたデータの統計から、考えて、

働く側も無理のないようにして、

決断したそう。

そのようにして、

結果どうなったか?

テイクアウトは、

想像を超えるほどの反響があり、

ずっと100食完売が続いたそうです!

しかも、注文は、電話予約のみ。

今までの実績が、

お客さんを呼んだのでしょうね。

また、中村朱美さんは、

西日本豪雨と台風21号直撃を体験したことから、

ピンチはチャンスになりえると思っていたそうです。

だからこそ、自粛要請の期間に強くなり、

従業員も成長するタイミングだと思ったそう。

そして、従業員の研修をたくさん行い、

従業員が成長することによって、

利益率を上げ、かつ、労働時間を短縮させることを

目標としておられました。

素晴らしい経営者だと思います!

「佰食屋」の場所は?

それでは、そんな「佰食屋」の場所は

どこにあるのでしょうか?

住所:

京都市右京区西院矢掛町21

シュール西院1F

阪急「西院」駅より徒歩5分だそうです。

定休日は水曜日。

お近くの方は、ぜひ、

こだわりのステーキ丼を食べに行かれても

いいですね!

スポンサードリンク

まとめ

以上、

営業している「佰食屋」のお店は?

「佰食屋」はコロナで経営危機だったのか?

「佰食屋」の場所は?

についてでした。

中村朱美さんは、

これから飲食業界で生き残っていくためには、

まず自分を知ることだとおっしゃっています。

自分のお店の利益や人件費といった数字のほかにも、

従業員の誰が普段どんな仕事をして、

どんなスキルがある、

など把握することが大事だとおっしゃっています。

データをとり、現状を把握するところから、

戦略を考える。

そうしていくことで、先が見えてくるのではないかと思います。

今後も、「佰食屋」はいろいろな

良い影響をまわりに振りまいてくれそうですね!

これからも、

素晴らしいお店を続けていってほしいです!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする