いせたにあやこ(伊勢谷亜耶子)はカウカモ編集長!経歴や自宅は?【セブンルール】

こんにちは、Hiroです。

2020年9月15日㈫フジテレビにて

「セブンルール」が放送されます。

今回は、中古・リノベーション物件を紹介する不動産メディア

「cowcamo」(カウカモ)の編集長である、

伊勢谷亜耶子さんが出演されます。

「cowcamo」は、

東京の中古・リノベーション物件に特化した

オンラインマーケットだそうで、

独自の視点で物件の魅力を掘り下げた記事を掲載し、

売買の仲介も行っているそうです。

伊勢谷亜耶子さんは、

「cowcamo」の

立ち上げから携わっておられますが、

なぜ、「cowcamo」は

そんなに人気があるのでしょうか?

また、

伊勢谷さんは、とても素敵な方ですが、

どうして住宅に関心を持ったのでしょうか?

経歴や現在どんな家に住んでいるかも気になり、

調べてみました。

スポンサードリンク

伊勢谷亜耶子さん経歴と住宅に関心を持った理由は?

出典:https://cowcamo.jp/

名前:伊勢谷亜耶子(いせたにあやこ)

東京・三鷹市出身。35歳。

慶應義塾大学環境情報学部卒業。

「家」に興味を持ったのは小学校3年生の頃

お父さんの仕事の関係でしばらくオーストラリアに住んでいたそうですが、

3年生の時に帰国。

祖母が暮らす三鷹市の家を

二世帯住宅に建て替えたことがきっかけだったそうです。

内装や間取りを自分たちで決めて家を作る

注文住宅だったそうですが、

親と一緒に住宅展示場や設計士さんとの打ち合わせに行ったりすることが

とても楽しかったそうです。

カーテンや壁紙などを決めていくのもワクワクされたとか!

そして、建設途中の家を見せてもらったり、

家が作られていく過程を見るのが大好きだったそう。

そういう気持ちは高校生になっても変わらず、

大学は建築を学べるところを選んだそうです。

建築や設計を専門的に学ぶ研究室に入り、

寝る間も惜しんで課題に取り組んだそうですが、

同級生はもっとすごい人ばかりで、

伊勢谷さん以上に熱心だったとか。

就職活動の時期になって、

人生のすべてをかけて設計に向かえるかと言ったら

そう思えなかった伊勢谷亜耶子さん。

もっといろいろな経験もしたかったそうで、

首都圏を中心にマンション開発をするディベロッパーに就職

不動産仲介のほか、

マンションのデザインも手がける会社で、

グッドデザイン賞をとるような住宅も作っていたところに

魅力を感じたそうです。

しかし、その会社が倒産の危機に!

残留せず、退職を決めたそう。

その会社では営業のサポートという形でしか仕事を

していなかったようですが、

物件売買の最前線でやってみたいということが

一番の理由だったそうです。

また、自分のやりやいことは何なのか明確にしていくと、

「中古物件の仲介」ということがクリアになったそう。

そして、25歳の時に、

中古物件の仲介やリノベーションデザインの事業で注目を浴びていた

ブルースタジオという会社に転職

お客さんと一緒に物件探しをし、

喜んでもらえるのがうれしかったそうです。

そして、4年半ほど中古物件の仲介に全力疾走した後、

2015年に株式会社ツクルバに入社

メディアの仕事に移った理由は、

それまでで培った物件探し、仲介のスキルを、

より多くの人の住まい探しに役立てたいと思ったからだそう。

「カウカモ」はその理想を形にしたのだそう。

そんな「カウカモ」の魅力は何なのでしょう?

スポンサードリンク

カウカモの魅力は?

出典:https://prtimes.jp/

「カウカモ」はリノベーション済み物件の中から、

伊勢谷亜耶子さんと、スタッフが

「これはいい!」と思う

物件だけを厳選した、

いわばリノベーション物件のセレクトサイトだそうです。

毎週150軒出てくる新着物件の中から

10~15軒に絞って掲載しているそうです。

一般的な不動産メディアと比べ、

かなり絞っているそうです。

特徴としては物件紹介がものすごく詳しいことだそう。

探しているほうとしては、嬉しいですよね!

家の中で謎を作らないほど徹底して、

写真もたくさん掲載しているそう。

そして、

不利な情報も隠さず公開しているとのこと。

実際に見に行っているような気分になりそうですね!

自分が住むイメージが湧きそうです。

だからこそ、「カウカモ」は魅力的なのでしょうね!

それでは、

そんな伊勢谷亜耶子さんが住んでいる家は、

どんな家なのでしょうか?

伊勢谷亜耶子さんの家は?

出典:https://cowcamo.jp/

伊勢谷亜耶子さんは、2016年末に

東京都渋谷区の中古マンションを購入し、

リノベーションしたそうです。

以前は、

吉祥寺の井の頭公園沿いに住んでおられたそうです。

自然が豊かで、実家に近く

慣れ親しんだ土地であって、

始発で渋谷に出られて便利だったとのこと。

でも吉祥寺はとにかく人が多い。

仕事が終わって、へとへとになって家について、

さらに人混みの中を歩くのに疲れてしまったそう。

そのため、職業柄もあって、

面白いところに一度は住んでみたかったそうです。

代官山のオフィスの近くを探していたけれど、

賃貸だと高すぎること、

そして、好きな空間が見つからなかったそうです。

そこで見つけたのが、

今の家だったそうです!

ご自分の希望とぴったり合ったそう!

そして、風呂とトイレ以外、

すべて追加リノベーションしたそうです!

出典:https://cowcamo.jp/

とても素敵な住まいですよね!

さすが!

センスの良さが感じられます。

こんなところに住んでいたら、

家に帰るのが楽しみになりそうです。

自分でお気に入り、と思えることって大事ですよね。

スポンサードリンク

まとめ

以上、

伊勢谷亜耶子さん経歴と住宅に関心を持った理由

カウカモの魅力

伊勢谷亜耶子さんの家

についてでした。

伊勢谷亜耶子さんは、

小さいころから、

住宅に関心が強く、

建築や設計を学んだものの、

何か違う、と思い、

不動産関係の仕事をされてきました。

その中で、

ご自分の「好き」を大切にしてこられたことが、

現在につながっていることを感じます。

「好きな住まいに住むこと」は

人の幸せのひとつですよね!

「カウカモ」の編集長として、

今後もご活躍を期待しています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする