[栃木・小山市]オカリナ工房土音(ひじおと)板垣洋一の経歴やお店の場所は?【人生の楽園】

こんにちは、Hiroです。

2020年11月7日㈯18時からテレビ朝日にて、

「人生の楽園」が放送されます。

今回は、栃木県小山市にて、

オカリナ工房を開いておられる、

板垣洋一さんと妻の文子さんが出演されます。

板垣さんは、若いころから音楽が好きで、

銀行を早期退職し、

オカリナ工房を開いておられます。

オカリナというと宗次郎さんの

「シルクロード」などが思い浮かびますね!

でも、オカリナって、

あまり関心を持つ人は多くないと思います。

板垣洋一さんは、

どのような経歴を持っておられ、

どうしてオカリナに関心を持たれたのでしょうか?

また、板垣さんの

お店の場所や、

オカリナの値段などついても

気になって調べてみました。

スポンサードリンク

板垣洋一さんの経歴は?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/

板垣洋一さんは、現在62歳。

高校時代からギターが趣味だったそうで、

一時期はプロを目指すほどだったそうです!

高校は、栃木県立石橋高等学校。

大学は東京都立大学法学部を卒業されているようです。

そして、

銀行員の職業についておられたようですが、

ある時、益子に赴任し、

支店長をされていたそうです。

オカリナ作りのきっかけになったのは、

氏神様のお祭り、土祭(ひじさい)で奉納されたオカリナが、

益子街の土で作られたものではないことを

知ったことだったそうです!

益子町は有名な陶器の町

なのに、なぜ地元の土を使わないのか、

疑問を持ったそうです。

そこで、益子の土を使って

自分でオカリナを作ってみようと思われたそう。

専門書を読んだり、

益子焼の窯元で土と陶芸技術も学んだそうです。

また、プロのオカリナ奏者のアドバイスももらい、

奏者としても腕も上げていったそうです!

54歳で銀行を早期退職

オカリナ作りに本腰を入れ、

57歳で『オカリーナ工房・土音(ひじおと)』

開きました。

板垣洋一さんは、支店長時代の縁で、

益子焼の窯元から土を特別に分けてもらい、

その土を使ってオカリナを作っておられます。

900℃の電気窯で9時間かけて焼成するそうです。

また、板垣さんはオカリナ普及のため、

プロのオカリナ奏者・中原蘭さんと教室も開いておられ

仲間と定期演奏会なども行っているそう!

楽しそうですね!

それでは、

板垣洋一さんの工房の場所はどこにあるのでしょうか?

スポンサードリンク

『オカリーナ工房・土音(ひじおと)』の場所は?

『オカーリナ工房・土音(ひじおと)』

住所はこちらです。

栃木県小山市横倉508-2

駅からは少し離れているそうで、

車で行くのが良さそうです!

駐車場は6台分あるそうです。

また、

作品の購入はこちらでもできるそうです。

銀座山野楽器本店

三木楽器WindForest

テレマン楽器

益子 陶庫

蕎麦処美濃里庵

それでは、

板垣洋一さんが作るオカリナと価格についてです。

板垣洋一さんの作るオカリナの種類や価格は?

出典:http://claytone.jp/

板垣洋一さんが作るオカリナは仕上げ方で3種類に分かれるそうです。

もみ殻と炭を一緒に焼いた

独特な風合いの黒陶モデル

出典:http://claytone.jp/

画像は、『蘭』basicです。

価格はこのような感じです。

出典:http://claytone.jp/

拭き漆や色漆で仕上げた漆モデル

出典:http://claytone.jp/

つやがあって美しいですね!

カラーが付いたものもあるようですよ!

陶器のように2度焼きする釉薬モデル

出典:http://claytone.jp/

空色・緑の2色をベースに製作されているそうです。

全体的に、

価格は15,000円から5万円くらいのようです。

楽器としては、

リーズナブルなほうですよね!

スポンサードリンク

まとめ

以上、

板垣洋一さんの経歴

『オカーリナ工房・土音(ひじおと)』の場所

板垣洋一さんの作るオカリナの種類や価格

についてでした。

板垣洋一さんは、

陶器の町である益子町に銀行員として赴任されましたが、

お祭りで奉納されたオカリナが、

益子の土で作られたものではないことが分かり、

それでは、

自分で作ろう!と思われ、

オカリナ制作を始めました。

そこから、

制作も奏者としてもどんどん腕をあげて、

ついに、お店も開かれました。

板垣洋一さんのオカリナはとても素敵です!

ぜひ、機会があれば、

音色も聞いてみたいですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする