貝澤徹(アイヌ木彫家)の経歴やお店の場所は?作品の特徴とは?【情熱大陸】

こんにちは、Hiro です。

2020年5月31日㈰23時からTBSにて、

「情熱大陸」が放送されます。

今回は、木彫家(もくちょうか)の貝澤徹さんが出演されます。

木彫って、正直、身近にあまり見ることはないですが、

神社などへ行けば、

建物に絵が彫られているのをみたりしますね。

でも、

あまり考えたことはありませんでした。

しかし、貝澤徹さんの作品は、

なんと、

大英博物館に常設展示されているそう!

素晴らしいですね。

そんな貝澤徹さんは、なぜ木彫を始めたのでしょうね。

経歴やお店の場所、アイヌ民族についても調べてみました。

スポンサードリンク

貝澤徹さんプロフィールと木彫を始めたきっかけ

名前:貝澤徹(かいざわ とおる)

生年月日:1958年9月11日

北海道平取町二風谷生まれ。

3人兄弟の長男。

中学は地元の学校に通い、

高校は北海道内の白老町に下宿していました。

高校の時は吹奏楽部でアルトサックスを演奏していたそうです。

高校卒業後、

二風谷にて、父親の工房で一緒に働き始めました。

勉強は嫌いであったそうで、

当時、景気が良く、家業を継げば、

食いっぱぐれることはないと思ったそうです。

お客さんのリクエストに答えながら、

好きなものを彫るのは楽しかったとのこと。

最初の転機となったのは、

北海道を代表する木彫家の藤戸竹喜さんに出会ったことだったそうです。

祖母のもとを訪れた藤戸さんに、

小さな熊の写実彫刻をいただいたのですが、

観光土産の熊の木彫とは全然違っていて衝撃を受けました。

こんな木彫もあるんだと思い、

写実的な動物を彫り始めたのが20歳頃のことです。

当時、鮭をくわえた熊の土産物が日本中に出回っていたそうですが、

それとは別物の、

細部まで写実的に彫られた熊でした。

その熊を手にしてからは、

量産ではない彫り物をちゃんとやろうと思うようになった

おっしゃっています。

それで、30代半ばまでは、動物の彫刻を作っていたそうです。

しかし、木彫の名工であった

曽祖父の貝澤ウトレントクさんのイタ(お盆)を

複製したことがきっかけで、

アイヌ文様を彫り始めたそう。

二風谷アイヌ文化博物館がオープンした際のシンポジウムで、

家に残っていた曽祖父のイタを出品したときに、

先輩がそのイタを真剣に見ている表情を見て、

自分もアイヌ文様を彫らなくちゃいけない、そう思ったんです。

これは、貝澤さんの作品で、

アイヌの文様のイタです。

とても素敵ですね!

そこから、貝澤徹さんの作品は変わっていったそうです。

貝澤徹さんのお店と二風谷(にぶたに)とは?

貝澤徹さんのお店は、

アイヌの聖地とされる二風谷にあります。

二風谷(にぶたに)は、

人口の過半数を北海道の先住民であるアイヌが占めていて、

北海道内でアイヌの比率が最も高い地域です。

アイヌ語による地名はニプタニ(Niptani)であって、

木の生い茂るところという意味があるそう。

とても自然が豊かなところだそうです。

店の名前は

「北の工房 つとむ」

場所は、

北海道沙流郡平取町字二風谷74-12

営業時間は8時から18

不定休。

素敵なお店みたいですね!

今は、昔のような、お土産屋さんとしてではなく、

貝澤徹さんのファンとして来られるお客さんが増えたそうです。

今は、「ゴールデンカムイ」のファンや、

欧米から来られる方もいるそう!

貝澤徹さんの作品の特徴は?

ところで、

貝澤徹さんの作品の特徴はどんなところにあるのでしょうか?

貝澤さんが注目されるようになったのは、

40歳になってからだそう。

これは注目されるきっかけになった作品

「アイデンティティー」

上着のファスナーをおろすと、

アイヌ文様が刻まれている。

自分はアイヌなんだという主張。

しかし、服を脱がないと分からない。

面白い表現をされています。

アイヌの伝統工芸と

現代アートが融合された感じが

とても新鮮ですね!

貝澤さんは、このように言っています。

今のアイヌ民族を表現した作品です。

上着のファスナーの隙間からアイヌ文様が見えています。

ファスナーが途中なのは、外見はみんなと同じでも

内面にはアイヌの精神を秘めているという表現です。

不思議と惹きつけられる作品です。

アイヌの文化を伝えながら、

ご自分の表現方法を見出してこられたのを

感じます!

スポンサードリンク

まとめ

以上、

貝澤徹さんの経歴と木彫を始めたきっかけ

貝澤徹さんの店と二風谷について

貝澤徹さんの作品の特徴は?

でした。

貝澤さんの作品は、

なぜか分かりませんが、

とても惹きつけられるのを感じます。

貝澤さんはアイヌ文化を広めたいという思いと、

木彫に対する思い入れが強いのを

とても感じます。

ぜひ、実物を一度見てみたいです!

これからも素敵な作品を作り続けて欲しいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする