かじがや卓哉(お笑い芸人)はイケメンで秀才!なぜ税理士に?妻や子供は?【ソクラテスのため息】

こんにちは、Hiroです。

2020年4月29日㈬22時から

「ソクラテスのため息」が放送されますね。

そこに、お笑い芸人のかじがや卓哉さん

登場されます。

かじがや卓哉さんは、なんといっても、

iphoneに詳しい芸人さんとして有名で、

本も出しておられるくらいですが、

んな経歴を持つ方なのでしょうか?

気になりますね!

見た目もイケメンですが、

奥様やお子さんはいらっしゃるのでしょうか?

また、実は税理士さんでもあるようですが、

なぜ税理士になったのでしょうか?

気になって調べてみました。

スポンサードリンク

かじがや卓哉さんプロフィール

名前:かじがや卓哉(梶ヶ谷卓哉:かじがや たくや)

生年月日:1982年10月8日(37歳)

出身:神奈川県伊勢崎市

血液型:O型

身長:173㎝

横浜市立横浜商業高等学校卒業。

吉本興業東京本部所属。

実は高卒のようです。

家電量販店で10年以上働いていた経験があり、

家電製品総合アドバイサーの資格を持っています。

だからiphoneに詳しいんですね!

また、NSC(吉本総合芸能学院)在学中に

税理士試験に合格しています。

そこがすごいところです!

ちなみに、参考までに、

平成30年度の税理士試験の合格率は

大学在学中 21.4%

高校・旧中卒 17.9%

専門学校卒 15.1%

大学卒 14.7%

短大・旧専卒 9.6%

なかなかの難易度ですよね!

平均合格年数は2年から5年と言われています。

かじがやさんは7年かけて取得したそうです。

根気がないとできません!!

かじがや卓哉さんが税理士になった理由は?

ところで、かじがや卓哉さんは、

なぜ、税理士になろうとおもったのでしょうか?

高卒で税理士になるのってなかなか大変ですよね?

それでもなろうと思ったのは、

高校の時、平均年収が3000万円というのをみて、

大学に行くよりも、税理士の勉強をしようと、

勉強を始めたそう。

しかし、勉強するうちに、友人がいなくなったそうで、

合格を報告できる友人が欲しいという理由で、

NSCに入学したそう。

なぜそこで吉本になったのかは謎ですが…

ちなみに、税理士になるには3つのルートがあります。

  1. 税理士試験を突破
  2. 弁護士もしくは公認会計士の資格を取得
  3. 税務署に勤務

1は、試験を突破したのちに、租税又は会計に関する事務に従事した期間が

2年を経過すると日本税理士会連合会に登録することができ、

登録が完了すると税理士資格を取得したことになります。

また2については、

弁護士や公認会計士の資格取得は税理士より

難易度が高いです。

3については、

税務署に勤務した国税従事者は、

税理士試験を免除されています。

そして、10年または15年以上勤務の場合は、

税法関係の科目が免除になり、

残りの科目を合格すれば税理士試験をパスできます。

かじがやさんは税理士試験を突破したわけですが、

高卒のため、受験資格を得るために

難易度が高い日商簿記の1級にまず合格したのでは?と

思われます

素晴らしい努力家ですね!

かじがや卓哉さんの妻や子供は?

ところで、かじがや卓哉さんは、

結婚されているのでしょうでしょうか?

調べてみたところ、ご自身のツイッターからこんな内容が!

なかなか報告する場がありませんでしたが、

昨年結婚しまして本日元気な女の子が産まれました!

より一層仕事も頑張ります!

これは、2018年5月8日のことなので、

2017年にご結婚されていたようですね!

しかし、それ以外であまりご自分のプライベートなことは

公表していない様子で、

情報が見つかりませんでしたが、

見た目も良く、

頭も良い、

そして、稼いできてくれる、

そんな旦那さんを持った奥様は、

幸せだと思います!

現在芸人としても活躍されていますが、

税理士という資格も持っていらっしゃる

かじがやさん。

忙しい中で、

掴んだ幸せを大切にしてほしいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

以上

かじがや卓哉さんプロフィール

かじがや卓哉さんが税理士になった理由

妻や子供について

でした。

今でこそ、いろいろなところで引っ張りだこの

かじがや卓哉さんですが、

税理士試験に合格するまでは、

友達がいなくなるほど

努力されてきたことが分かります。

それが実って、今があるように感じます。

しかも苦労の影を見せていないところも、

本当に素晴らしいと思います!

今後も活躍を期待しています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする