かわもとせいじゅん(河本清順)の経歴や年齢は?映画の街尾道を復活させた!?【セブンルール】

こんにちは、Hiroです。

2020年9月29日㈫23時から、フジテレビにて

「セブンルール」が放送されます。

今回は、映画館「シネマ尾道」の支配人である、

河本清順(かわもとせいじゅん)さんが出演されます。

河本さんは、映画の街として知られ、

数々の映画の舞台となってきた、

広島県尾道(おのみち)市に映画館を復活させたそうです!

尾道市は、全盛期には、

なんと、市内に11もの映画館があったそうですが、

時代の流れとともに、

だんだん数が減っていき、

とうとうすべて姿を消してしまったそうです!

そこで河本さんは、

何とかしたいと思ったそうです。

そんな河本清順さんの経歴や年齢、

映画の街尾道を復活させた経緯について、

調べてみました。

スポンサードリンク

河本清順(シネマ尾道支配人)の経歴や年齢は?

出典:https://wotopi.jp/

河本清順(かわもとせいじゅん)さんは、

1976年広島県尾道市生まれ。

現在43歳。

清順という名前は、

映画好きの祖父が命名したそうで、

映画監督の鈴木清順に由来しているとのこと。

珍しい名前ですよね。

市内の高校卒業後は、

京都に引っ越しをし、

服飾系の専門学校に通ったそうです。

京都は、尾道と同じく「映画の街」であり、

河本さんも足しげく映画館に通ったそうです。

エミール・クストリッツア監督の

『アンダーグラウンド』や

小津安二郎監督の『東京物語』に

感銘を受けたそうです。

専門学校卒業後は、

京都のアパレル企業に勤めていたそうです。

しかし、お母さんが尾道で焼き肉屋を始めることになり、

ご実家に戻り、

お姉さんと一緒に経営に参加したそう。

19歳から36歳まで、

17年間、焼き肉店で働いていたそうです。

しかし、河本さんが20代の頃、

2001年に尾道最後の映画館「尾道松竹」が閉館

河本さんは、落胆したそうです。

そして、

「映画の街」であるのに映画館がないことを

友人に指摘され、

心を揺り動かされたそうです。

そこから、河本清順さんの映画館再建がはじまりました。

スポンサードリンク

河本清順さんの映画館を復活させた経緯は?

河本清順さんは、

2004年に尾道に映画館がないのは寂しい、

何とか作れないか、と

映画好きの友人に呼び掛けたそうです。

すると、面白そうだからやってみようということになったそう。

そして、

新潟、群馬、埼玉、京都、大阪など

全国のミニシアターを仲間と巡り、

映画館経営について調べたそうです。

しかし、映画館1館維持するには、

30万人以上の人口が必要だと言われているのに対し、

尾道市は、人口15万人ほど。

しかし、調べると、埼玉県深谷市のように

尾道と同規模の地域でも

やっていけている例があることが分かり、

だったら何とかしなければ!

という使命感が湧いたそうです。

そして、尾道で、

任意団体「尾道に映画館をつくる会」を結成しました。

5年間の間、映画館がなかった尾道で、

再び大スクリーンでみんなで感動を共有するという

素晴らしさを感じてもらおうと、

2か月に1度のペースで、

公共ホールや商店街で上映会活動を開催したそうです。

すると、だんだん活動の仲間も増えていたそう!

2006年10月NPO法人シネマ尾道を設立

NPOとして始めたのは、ただ映画館を復活させるというだけでなく、

それによって、町の人の文化的なものに対する

意識を再生することを目的としたからだそうです。

そして、2008年10月8日

市民草の根募金2,700万円を集め、

「旧尾道松竹」を改装

「シネマ尾道」を開館したそうです!

出典:https://twitter.com/

開館できたものの、

開館から4年間は、

河本さんは、ほとんど無休で働いていたそうです!

しかし、映画館ができたことによって、

街が活性化したといわれるのが嬉しいとのこと。

ロケ地巡りの観光に来た方たちも、

きっと気になる映画館だと思います!

ところで尾道市はなぜ、映画の街なのでしょうか?

「映画の街」尾道市とは?

出典:https://www.travel.co.jp/

広島県尾道市は、

なぜ、「映画の街」と言われているかと言えば、

独特な景観があり、

数多くの映画、ドラマの舞台として使われたそう。

はじめてロケが行われた1929年以降、

2015年までに、

150本以上の映像作品の撮影が行われたとのことです。

小津安二郎監督の『東京物語』や

大林宣彦監督の『転校生』

なども、尾道で生まれたそうですよ。

ちなみに大林宣彦監督は、

尾道出身だそうで、

尾道を舞台とした映画作品を

多く制作しているそうです。

なので、ロケ地巡りに来る方も

多いそうです。

出典:https://4travel.jp/

出典:https://www.hiroshima-kankou.com/

なんとなく、見たことがあるような、と

感じる方もいらっしゃると思います。

こんな感じの風景が、

広がっているそうです。

坂が多く、住んでいる方はきっと大変かとは思いますが。

体力は付きそうです(笑)

スポンサードリンク

まとめ

以上、

河本清順さん(シネマ尾道支配人)の経歴や年齢は?

河本清順さんが映画館を復活させた経緯は?

「映画の街」尾道市とは?

でした。

河本清順さんは、

「映画の街」であるにもかかわらず、

映画館が1館もなくなってしまった尾道に、

何とか映画館を復活させたいと、

力を尽くしてこられました。

映画のロケ地として有名な「尾道」は、

きっと美しい街なのだろうな、と思います。

機会があったらぜひ、

訪れてみたいと思います。

見たことがある風景があるかもしれないと、

ワクワクしそうですね。

「シネマ尾道」に

これからも多くの人が訪れることを

願っています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする