川田裕美(フリーアナウンサー)の昔はヤバかった?夫との馴れ初めは?

こんにちは、Hiroです。

今回は、フリーアナウンサーとして、様々な番組で活躍している

川田裕美さんについてです。

川田裕美さんは、2019年10月29日に結婚を発表したばかり

新婚さんですね。

そんな川田さんの夫

大阪出身の音楽関係の方とのことですが、

いったいどんな方なのでしょうか?

また、川田裕美さんの高校時代など、昔のことや、

経歴について調べてみました。

スポンサードリンク

川田裕美プロフィール

名前:川田 裕美(かわた ひろみ)

生年月日:1983年6月22日(36歳)

血液型:B型

出身:大阪府

身長:159㎝

大阪市住之江区生まれ、大阪府泉大津市育ち。

父の仕事の関係による転勤で、名古屋、長野、札幌、小樽に

住んだことも。

高校卒業後、和歌山大学経済学部に進学。

ドラマ「ニュースの女」をみて

中学の頃からあこがれていた、アナウンサーを目指す

受験した東京のキー局は全滅だったが、

読売テレビに合格

2006年に読売テレビに入社。ニュースデビューは、

同年7月22日。いろいろな番組でレギュラー出演を

していました。

2011年4月4日からは、産休に入った先輩アナウンサー森若佐紀子の

後任司会として「情報ライブ ミヤネ屋」にレギュラー出演。

アドリブへの対応や個性豊かなコメンテーター陣の扱いがうまく、

生放送に強い司会ぶりが評価される。

2015年4月からは、フリーアナウンサーに転身。

バラエティーなどに多く出演。

また、2016年からは、女優としてもデビューしている。

スイーツ好きで、

スイーツコンシェルジュの資格もあり。

川田裕美昔はヤバかった?

そんな川田裕美さんですが、高校時代は、

意外とつらい思いを抱えていたようです。

小中学校の時は、成績優秀で、学年トップを争うほどだったそうですが。

高校に入ると、周りは頭の良い生徒ばかり

次第に授業についていけなくなり、

学年で360人中下から20番以内まで落ち込んだそう。

まわりが、医者とか弁護士になるといっている中、

何もない自分が嫌になり、

つらくなって、学校にあまり行かなくなったそうです。

まったく勉強をしないまま高3になり、いやいやながら登校を再開。

進路を父親に相談したところ、「裕美が納得できる所なら、

お父さんはどこだって協力する」と言われ、奮起するきっかけに。

そこから猛勉強をし、和歌山大に合格

お父さんも素晴らしいですが、

川田さんの努力と能力も素晴らしかったのですね。

川田裕美の夫との馴れ初めは?

ところで、川田裕美さんの旦那さんは、

いったいどんな人なのでしょうか?

どこで知り合ったのでしょう?

大阪出身の音楽関係の仕事をしている方、

という情報はありますが、一般の方なので、

あまり詳しいことが分かりませんが、

川田さんのブログでは、

「朗らかで面白く、思いやりがあって頼もしい。

一緒にいると安心できて素直な自分でいられます」

とのこと。

きっかけは、趣味の登山で出会ったとのこと。

そして、作曲家であるということも判明。

ただ、旦那さんは、登山仲間だったのではなく、

登山仲間の友達だったようです。

川田裕美さんは、ブログで

「そのうち巻き込もうと思っている」

と言っています。

川田裕美さんとしては、旦那さんと一緒に登山ができたらいいな、

と思っているのではないでしょうか?

山頂の美しい景色を大切な人と共有できるのって

素晴らしいですよね!!

スポンサードリンク

まとめ

以上、川田裕美さんについてでした。

フリーになってどんどん活躍されていて、

さらにご結婚もされ、

とても幸せに充実しておられるのでは、と

思います。

これからも活躍の場を広げていってほしいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする