菊地崇仁(ポイ探社長)のプロフィールは?おすすめクレカと財布がすごい!【ソクラテスのため息】

こんにちは、Hiroです。

2020年4月29日㈬22時から

「ソクラテスのため息」が放送されますね。

今回は、ポイ探代表取締役でもある、

菊地崇仁さん

が出演されます。

菊地崇仁さんは、クレジットカードの専門家であり、

 約80枚のクレジットカードを保有し、

約130万円の年会費を支払っているという強者。

それで、元が取れているるのでしょうか?

それに、クレジットカードってそんなに使いきれない!!

一般人にとって、普段使いは2~3枚あれば

全然足りてしまうものですが、

それだけたくさんあれば、

いろいろなカードの長所や短所が見えてくるのでしょうね。

そんな菊地崇仁さんのプロフィール

おススメのクレジットカード

使用している財布について

調べてみました。

スポンサードリンク

菊地崇仁さんプロフィール

名前:菊地崇仁(きくち たかひと)

出身:北海道札幌市

1998年に法政大学工学部卒業。

同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社

社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、

フレッツ網の機器検証等に携わり

2002年に退社

同年、友人とともに起業。システムの設計・開発・運用を行う。

2006年ポイント交換サービス・ポイ探の開発に携わり、

2011年代表取締役に就任。

2013年 All About「ポイント・マイル」のガイド、

ザイ・オンライン「人生を5%豊かにするクレジットカード活用術」のコラム

への記事提供を開始。

2015年以降、ポイントカードのセミナーや

クレジットカードの講師としても活躍されています。

面白いですね。

ポイントカードのセミナーなんて

やっておられるのですね!

今、ポイ活も流行っていますが、

ぜひ一度聞いてみたいですね!

ちなみに、私生活では、3児のお父さんでもあるようです。

菊地崇仁さんおすすめクレジットカード

菊地崇仁さんは、

一般カードからプレミアムカードまで保有されており、

利用したうえでクレジットカードの良いところや悪いところを研究し、

正しい情報提供を心掛けておられるとのことですが、

おススメのクレジットカードは

どんなカードなのでしょうか?

菊地崇仁さんは、こんなことを

解説されています。

JCBが発表したクレジットカードの調査結果レポートによると、

「クレジットカードの利用理由」として

ポイントやマイルが貯めやすいから」が

約5割とダントツの1位となっています。

しかし、

クレジットカードを選ぶときに注目すべき点は

「ポイントの貯まりやすさ」よりも

ポイントの使いやすさ」です。

確かにその通りですね。

ポイント交換が面倒だと、

つい後回しにしてしまい、気づいたらポイント失効!!

なんて、

よくある話です。

菊地崇仁さんは

JCB CARD W(年会費無料、ポイント高還元)

三井住友カード(海外旅行保険が充実)

JCB 一般カード(最短翌日に届く)

VIASOカード(ポイント自動で口座にキャッシュバック)

オリコカード(ポイント還元率が高く、電子マネーも使える)

こんなカードをおすすめしているようです。

(ナビナビクレジットカードより)

しかし、学生さんだったり、

若い人だけの特典があるクレジットカードもあるので、

ご自分でいろいろな情報をサーチするのも

必要だと思いますが、

これからクレジットカードを作ろうとされている方には、

菊地崇仁さんの情報はありがたいですね!

菊地崇仁さんの財布は?

これほどたくさんのクレジットカードを保有する

菊地さんの財布がどうもすごいようです!

すごいですね、

持ち歩いたら、けっこう重量がありますよね!

普段、全部は持ちあるかないとは思いますが・・・

この財布は、工房悠の「カードが40枚入る大容量ウォレット」

だそうです。

テレビでよく見せているため、

問い合わせが多いとか。

2万円前後だそうです。

ちなみに、

40枚のカードと100万円札束をすっきり収納できるそうです。

他に、通帳やパスポートなども収納できるポケットがついているとのこと。

すごい財布でした!

スポンサードリンク

まとめ

以上

菊地崇仁さんプロフィール

おススメのクレジットカード

菊地崇仁さんの財布

についてでした。

お得に使えるクレジットカードって

私たちにとって、重要です!

いろいろな情報を発信してくださる方がいると

とってもありがたいと思います。

これからも、

クレジットカードの情報を、

いろいろ発信してくださることを

期待しています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする