小島美羽(遺品整理人)の経歴や会社とミニチュアを作る理由とは?【ノンフィクション】

こんにちは、Hiroです。

本日、2020年6月21日㈰フジテレビにて、14時から

「ザ・ノンフィクション」が放送されます。

今回は、少し重いテーマで、

孤独死の向こう側 ~27歳の遺品整理人

というサブタイトルが付けられています。

若い人は、あまり関心を持たないかもしれませんが、

実際、一人暮らしの若い方でも、

アパートで一人亡くなっている方もおられます。

そして、特に、高齢者は孤独死が増えているといいます。

今回出演される小島美羽さんは、

「孤独死の現場」を“ミニチュア”で再現し、

なぜ孤独死が起こるのか、

その本質を伝え続けてきたそうです。

しかし、27歳の若さで、

なぜ遺品整理人という仕事を選んだのでしょうか?

経歴や、会社の場所、

また、ミニチュアを作る理由について調べてみました。

スポンサードリンク

小島美羽さんプロフィール

出典:東洋経済オンライン

名前:小島美羽(こじま みゆ)

生年月日:1992年8月17日

生まれ:埼玉県

高校卒業後、郵便局に勤務されていたそう。

その後複数の職業を経て、

2014年から遺品整理クリーンサービス

(株式会社ToDo‐Company)に所属

[東京都板橋区]

遺品整理やごみ屋敷の清掃、

孤独死の特殊清掃に従事されています。

2016年から独学で孤独死の現場を再現したミニチュア制作を開始。

国内外のメディアやSNSで話題となったそう。

ミニチュアは、とても細かく再現されており、

住んでいた方がどんな方で、

どういう生き方をされてきたか

想像させられます。

しかし、そんな現場を見るのは、

現実、つらいものでもありますよね。

小島美羽さんは、

どうして、そのような仕事を選び、

また、ミニチュアを作り始めたのでしょうか?

小島美羽さんが遺品整理人の仕事を選んだ理由は?

出典:クーリエ・ジャポン

小島美羽さんは、22歳という若さで遺品整理人になったという。

そのきっかけは何だったかというと、

「お父さんの死」だったそうです。

家族と離れて一人で暮らしていた父親が、

脳卒中で倒れていたのを、

偶然、小島さんのお母さんが見つけましたが、

最期は結局、病院で亡くなったそうです。

なんでも最後の思い出は、「けんか」だったそうで、

いろいろな後悔があったとのこと。

それで、肉親を亡くして辛い思いがあったり、

遺族は、なかなか前に進めない人も多く、

そんな人たちの助けになればと思ったそうです。

そして、ミニチュアを作り始めたのは、

ただ、単純に知って欲しいと思ったそう。

孤独死とか、ゴミ屋敷とか、自殺が起こっていることを。

そして、「ひと事ではない」と思ってもらいたいと。

小島美羽さんの作品は?

それでは、小島美羽さんの作品には

どういうものがあるのでしょうか?

2019年11月時点で、9部屋制作していたそうです。

1つの作品が出来上がるまで、3か月以上、

材料費に10万円以上かけたこともあるそうです。

そして、ミニチュアの中に置かれているものは

ほとんど手作りで、

ピンセットなども使って細かい作業をしているそうです。

出典:ねとらぼ

この作品などは、細かいところまで、再現するのは、

大変そうですよね。

娘さんが地方に嫁ぎ、一人で暮らしていた父親の

アパートの1室だそうです。

タバコ、クロスワードパズル、競馬雑誌、処方箋などが

散乱し、自炊ができず、

棚にはレトルト食品がたくさん置かれていたそう。

近所の人の連絡で部屋に入ると、

布団の上で亡くなっていたとのこと。

出典:ねとらぼ

実際の現場であれば、目を背けてしまいそうですが、

ミニチュアであれば、

じっくりと見入ってしまいそうです。

住んでいた方の思いが伝わってきそうなくらい、

そのまま再現されていますね。

作品を通して、

「知って欲しい」という、

小島美羽さんの気持ちも伝わってきます。

詳しく知りたい方は、

こんな本も出版されているので、

ご覧になっても良いかもしれません。

出典:読書メーター

スポンサードリンク

まとめ

以上、

小島美羽さんプロフィール

小島美羽さんが遺品整理人という仕事を選んだ理由

小島美羽さんの作品

でした。

管理人も介護という職業柄、

「人の死」には、常に向き合わされていますが、

一人で亡くなるって

本当に誰でもあることだと思います。

だからこそ、あらためて、

生きていることを大事にしないと、と思わされます。

小島美羽さんは、若いながら、

できれば直視したくない、凄惨な現場から目を背けず、

伝えてこられているのは、

本当に素晴らしいと思います。

機会があれば、実物のミニチュアを

みてみたいですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする