【ナゼそこ】京都の山奥3人のおばあちゃんとは誰?作るお菓子と場所は?

こんにちは、Hiroです。

2020年9月17日㈭21時から、テレビ東京にて、

「ナゼそこ?」が放送されます。

今回は、

平均年齢92.6歳の

京都の山奥に暮らすおばあちゃん3人組

が出演されるということで、

一体どんな方たちなのか、

気になりました!

最高齢96歳のキクノさん

なんと、原付バイクにまたがり山道を疾走され

いとこでもある他2人のおばあちゃん達は、

ふじ子さん(93歳)と恵美さん(89歳)だそう。

山の恵みを使った

伝統のお菓子作りをされているとのことですが、

一体、何を作っておられるのでしょうか?

気になって調べてみました。

スポンサードリンク

京都の山奥の3人のおばあちゃんとは誰?

 

出典:https://www.ayabe-kankou.net/

それでは、3人のおばあちゃん達とは、

どんな方なのでしょうか?

岩﨑キクノさん(96歳)

渡辺ふじ子さん(93歳)

細見恵美子さん(89歳)

渡辺ふじ子さんと細見恵美子さんは

姉妹

そして、岩﨑キクノさんも親戚で、

いとこ同士だといいます。

3人が暮らす集落は、

昭和30年代に最もにぎわっていて、

15世帯70人が暮らしていたそうです。

しかし、今は3人のみしかいないそうです!

そして、それぞれが一人暮らしだそうです。

それでは、

その3人が住んでいるのは一体どこなのでしょうか?

3人のおばあちゃんの住んでいる場所は?

3人のおばあちゃんが住んでいるのは、

京都府綾部市

綾部駅から、

路線バスで1時間。

その終点から約15キロ先だとのこと。

そこは、古屋(こや)と呼ばれる集落です。

いわゆる限界集落。

古屋は「水源の里」集落の指定地だそうで、

平安時代から続く歴史ある古屋を

自分たちの代で廃村にしたくないと、

3人は立ち上がったそうです!

そして、ここは、

山の中に栃の大木が多数あり、

秋にはとちの実がなります。

とちの木は、きれいな水でないと

育たないそうです!

そして、秋になると、

とちの実が山の湿った傾斜の中、

コロコロ転がるそう!

田畑の少ない古屋ではとちが貴重な食料として活用され、

トチの木は切らずに大切にされてきたので、

樹齢の大きい大木が残っているそうです。

そんな古屋で、おばあちゃん達は、

一体何を作っているのでしょうか?

スポンサードリンク

おばあちゃんたちが作るお菓子は何?

出典:https://www.luisaq.com/

おばあちゃんたちが村おこしの為に

作り始めたのは、

「とちの実」を使った食べ物。

スタートしたときは、

皆すでに80歳を超えていたそう!

そして、3人は、公民館に集まって、

とち餅や、とちの実のクッキー、

大福やおかきなど

作っておられます。

このようなものです!

出典:https://www.kyoto-chii.biz/

ちなみに、とち餅作りは

最短でも1カ月以上かかりますし、

なかなかの重労働だそう!

若いころは、朝3時に起きて、

5時には山へ入って仕事をしていたとのこと。

すごいですね!

とちの実を拾って、流水にさらし、干して、

あたためて、皮をむき、アク抜き。

実は、とちの実の下ごしらえするのは、

すごく大変だそう!

しかし、もともと、とちの実の餅が保存食として一般的だったので、

こういったノウハウは、

おばあちゃんたちにとってはなじみの工程だったそうです。

そして、こんな活動が、

メディアにも取り上げられるようになり、

知られるようになると、

多くの人が、とちの実拾いや、

雪かきなどのボランティアに

来てくれるようになったそうです。

「古屋でがんばろう会」という

都市部からのボランティア団体

あるそうです。

出典:https://www.facebook.com/

多くの人がとちの実拾いに協力しているのですね!

また、おばあちゃん達は、

イベントがあると午前2時に起きて、

とちの実大福、とち餅、とちの実クッキーなどを作り、

会場へ行くと売り子をするそう。

パワフルですね!

素晴らしいです!

スポンサードリンク

まとめ

以上、

京都の山奥の3人のおばあちゃんとは誰?

3人のおばあちゃんの住んでいる場所は?

おばあちゃんたちが作るお菓子は何か?

でした。

京都府綾部の山奥の限界集落で、

水源の里、古屋を守るため、

80代から村おこしを始めたおばあちゃん達、

パワフルですごいと思います。

そして、多くの人が、

その手助けのためにボランティアに行っているのも、

本当に素晴らしいですね!

京都の大事な水源の里が、

元気なおばあちゃん達とともに、

これからも続いていって欲しいですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする