皆川竜二(マイクロブタの世界)は日本人?飼育のきっかけやブタカフェの人気は?【マツコ】

こんにちは、Hiroです。

2020年7月28日㈫20時57分から

「マツコの知らない世界」が放送されます。

今回は、「マイクロブタの世界」

皆川竜二さんが出演されますが、

とてもイケメンな方ですね!

ハーフにも見えますが、

日本人なのでしょうか?

そんな皆川竜二さんが

マイクロブタに関心を持たれ、飼育しようとしたのは

どんなきっかけがあったのでしょうか?

ブタをペットとして飼うことは、

日本人にはまだあまりなじみがありませんが、

飼うきっかけになればと、

「ブタカフェ」も経営されているそうです。

マイクロブタについて

ブタカフェの人気についても調べてみました。

スポンサードリンク

皆川竜二さんは日本人?マイクロブタの飼育のきっかけは?

出典:https://wp.mipig.jp/

皆川竜二さんは、「ハーフで英語が使用できる」そうです!

ご本人のコラムからの情報です。

どう見ても、イケメンだし、

純粋な日本人ではない風貌をされているので、

そうだろうとは思いましたが、

やっぱりそうでした!

ご本人の情報は残念ながらあまりありませんでしたが、

マイクロブタと出会ったのは、

イギリスのウェールズだったそうです。

皆川竜二さんの会社「mypig」(マイピッグ)

創業メンバーは、

イギリスでマイクロブタと出会ったそうで、

その知的で愛らしく人懐っこい特徴に魅了され、

「日本でマイクロブタを飼いたい」

と思ったそうです。

イギリスでは、ブタが狭い豚舎ではなく、無邪気に駆け回ったり、

自由にのびのびと過ごしていて、

人と生活を共にし、愛されて過ごしていたそう!

また、日本ではブタは家畜としてのイメージが強く、

あまり良いイメージがないことにも

疑問を持つようになったそうです。

日本では、正直、

養豚場の近くは臭いし、

あまり近寄りたくない!という気持ちに

なってしまいますね。

その為、日本でのブタのイメージ向上、

ペットとしての認知拡大を目指し、

天寿を全うできるブタを1匹でも増えることを願い、

事業を行っているそうです。

スポンサードリンク

マイクロブタとは?

出典:https://www.oricon.co.jp/

ところで、マイクロブタとはどんな動物なのでしょうか?

サイズは、

普通の食用のブタが200から300㎏あるのに対し、

ミニブタは40から100㎏、

マイクロブタは18から40㎏が一般的です。

小さいとはいえ、

中型犬くらいの大きさにはなります。

寿命は10年から15年で、犬や猫と同じくらい。

ミニブタから品種改良して、より小さくしたのが

マイクロブタで、

イギリス生まれ

もともとは、実験動物として使う為、

小型化されたそうです。

しかし、小型化が進むにつれ、ブタの賢いことや

感情豊かなことが知れ渡り、

ペットとして飼い始められたそうです。

そして、

犬や猫ほどアレルギー症状が出にくいとも言われています。

トイレもしっかり覚えてくれ、

鳴き声も大きくないとのことです。

現在はイギリスやアメリカなどで

ペットして飼われることが多くなってきました。

祖先は野生のイノシシだそう!

雑食性でミニブタ用のフードやドッグフード、

野菜や乳製品なども食べるそうです。

それでは、

そんなマイクロブタがいる

ブタカフェの人気はどうなのでしょうか?

マイクロブタカフェの人気は?

出典:https://mipig.co.jp/

マイクロブタカフェ『mipig cafe』

2019年3月に

日本初のマイクロブタと触れ合えるカフェとして、

東京目黒区にオープンしました。

その人気はというと、

オープン以来毎日満席で

約4か月で来店者数が2万人を突破したそう!

しかも、土日はネット予約受付開始から

1時間で埋まってしまうほどだといいます!

しかし、現在は、コロナウイルスの影響もあり、

それほど混み合っておらず、

予約が取りやすいようです。

皆川竜二さん率いる「mypig」では、

クラウドファンディングで資金を募り、

日本初ペット用マイクロブタの

国内ファームを建設され、

続いて、『mipig cafe』を開きました。

まるで自宅にいるような雰囲気の

「マイクロブタさんのおうち」がコンセプトのカフェは、

1階から4階の4フロア構造だそう。

各フロアに2匹のマイクロブタがいるようです。

出典:https://www.oricon.co.jp/

場所は、東京都目黒区目黒4-11-3

目黒駅より徒歩15分

営業時間は、10時から20時。

料金は最初の30分は800円、以降30分につき500円。

別途ワンドリンク制。(ドリンクは600円~)

ちなみに、現在は目黒だけでなく、

原宿にもお店があります!

渋谷区神宮前1-15-4バルビゾン1F

ぜひマイクロブタと触れ合ってみたい方は、

行ってみてください!

まとめ

以上

皆川竜二さんは日本人?マイクロブタの飼育のきっかけは?

マイクロブタとは?

マイクロブタカフェの人気は?

についてでした。

皆川竜二さんは、イギリスでマイクロブタと出会い、

日本で育てる環境を作り、

そして「マイクロブタカフェ」も作られました。

マイクロブタ愛が半端ないですね!

でも実物を見たら、

管理人もはまってしまいそうなくらい

愛らしいです!

しかし、マイクロブタは比較的大きくなり、

寿命も長いため、飼育放棄が懸念されるとのこと。

まず、カフェでマイクロブタに触れてもらい、

成長過程も見ていただき、

家族として迎えられるかどうかを検討していただきたいそうです。

ペットとして検討している方は、

ぜひカフェで実際触れ合ってみていただけたらと

思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする