【人生の楽園】三浦由紀(草木染め)の経歴や工房の場所は?作品は購入できる?

こんにちは、Hiroです。

2020年10月24日㈯18時からテレビ朝日にて、

「人生の楽園」が放送されます。

今回は、群馬県・上野村草木染めの工房を開いている、

三浦由紀さんが出演されます。

三浦由紀さんは、いろいろな植物を使って、

草木染めをされていて、

栗のいがや五倍子と呼ばれる虫こぶ、

桜の樹皮なども使っておられるようです!

そういうものも使うのですね、

びっくりです!

そして、

三浦さんの作品は、

自然の色合いのストールなどが人気だそうです。

そんな三浦由紀さんは、

どのような理由で草木染を始めたのでしょうか?

経歴や、工房の場所

ストールなどの購入法についても調べてみました。

スポンサードリンク

三浦由紀さんの経歴と草木染めを始めたきっかけは?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/

三浦由紀さんは、現在57歳

大学卒業後、

建築関係の仕事に就いたそうです。

しかし、本当にやりたいことは何なのか、

日々模索していたそうです。

39歳の時に「緑のふるさと協力隊」の募集記事を見つけ、

応募したそう。

その時に、赴任先となったのが、群馬県上野村だったそうです。

そして、1年間、飲食店や山での作業を手伝いながら、

村の人たちと、交流を深めていったそうです。

しかし翌年、任期が終えた三浦さんは、

山の豊かな自然に惚れ込み、

1年で帰るのはもったいないという思いになったそうです。

そして、村に移住してしまったそうです!

みそ作りや木工クラフトなど、

様々な自然体験ができる村の施設で働き始めました。

草木染めにも、ここで出会ったそうです。

はじめは、観光客に教えるため、

専門知識を学び始めたとか。

しかし三浦さんは、

趣味としても熱中するようになりました。

ある時、村のイベントで自分の作品を販売することに!

これが転機となり、

「草木染でやっていきたい!」

確信するようになりました。

2010年『紬樹(ゆき)の雫』という名の

工房を開き、

草木染め作家となったそうです。

それでは、三浦由紀さんの工房は

どこにあるのでしょうか?

群馬県・上野村『紬樹(ゆき)の雫』の場所は?

三浦由紀さんの工房、

『紬樹(ゆき)の雫』

の場所は、

群馬県多野郡上野村乙父 1016-4

だそうです。

地図は上野村の場所です。

本当に山に囲まれた場所なのですね!

群馬県の最西南端に位置していて、

周辺は、1000~2000m級の山に囲まれているそう。

自然豊かなところであることが

感じられます!

ハイキングや川遊び、

釣りなどのレジャーには良さそうなところです。

そして、

流れている神流川(かんながわ)は、

関東一きれいな川に何度も選ばれているようです!

草木染めの材料が

豊富にある場所なのでしょうね。

三浦さんは、

ご自分でも畑を借りて、

紫根やアカネ、コブナグサ、藍などの材料も

栽培しておられるようです。

それでは、三浦由紀さんの作品は、

どこで購入できるのでしょうか?

三浦由紀さんの作品の購入法は?

出典:https://www.facebook.com/

三浦由紀さんは、

いろいろなイベントに出店され、

そこで作品が購入できるようです。

最近では、9月に「ぐんまものつくりの集い」というイベントが、

前橋芸術れんが蔵にて開催され、

そこで出店されていたようです。

また、8月には、高崎高島屋にて、

「職人の技展」に出品されていたそう。

そのほかには、

iichi | ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販

に出品されているようです。

素敵なストールが出品されていますが、

ほとんど売り切れてしまっているかもしれません!

また、HPからお問合せしてみるのも良いかも。

草木染め 紬樹(ゆき)の雫

出典:https://www.facebook.com/

草木染めは、

その日の天気や気温によっても発色が変わるようなので、

作品はすべて一点物だそう。

素敵な色合いのストール、

実物を見たら、

欲しくなってしまいそうです!

スポンサードリンク

まとめ

以上、

三浦由紀さんの経歴と草木染めを始めた理由

群馬県・上野村『紬樹(ゆき)の雫』の場所

三浦由紀さんの作品の購入法

についてでした。

三浦さんは、

群馬県・上野村の自然に魅せられて、

移住され、

草木染めに出会って、

それを仕事にまでしてしまいました。

三浦さんの作る草木染めの作品は、

すべて世の中に1つしかない色合いの、

素敵なものです。

今後も、楽しみながら、

多くの人に喜ばれる

素晴らしい作品をたくさん作って欲しいと思います。

応援しています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする