水野泰孝(感染症専門医師)の出身大学は?妻と子供はいるの?【主治医が見つかる診療所】

こんにちは、Hiroです。

2020年4月16日㈭19時58分から

「主治医が見つかる診療所」

放送されますね。

今回は、感染症の専門家として、

他のいろいろな番組にも出演されている

水野泰孝医師についてです。

いま、世の中はコロナの話題一色で、

コロナウイルスについてのいろいろな情報が飛び交っています。

情報がありすぎて、何を信じたらよいのか分からなくなり、

ただただ、不安ばかりが募ったりもしますが、

そういう時、大きな役割を担っているのが、

専門の医師。

水野泰孝医師は、感染症の専門家でもありますが、

どうして感染症に関心を持ったのでしょうか?

出身大学や妻と子供はいるのか?

調べてみました。

【2020年6月22日追記】

水野先生のマスクの使用法についての記事も追記しましたので、

ぜひ読んでください!

スポンサードリンク

水野泰孝医師プロフィール

名前:水野泰孝(みずの やすたか)

生年月日:1969年4月28日

血液型:O型

出身:東京都港区で生まれ、府中市で育つ。

お父さんが昭和40年代から自宅に隣接する小児科医院を

開業していたそうです。

幼少期からその仕事ぶりを見て育ってきたようです。

中学3年生の時に初めての海外渡航で中国に行く機会があり、

現地の学校を訪問したことがあったそうです。

それがきっかけで、海外で仕事をしたいと思うようになったそうです。

しかし、周囲の勧めや適性検査などの結果から

結局は医学部に進学することになったとのこと。

外交官かパイロットになりたいとも思ったそうです。

小児科専門医 ・アレルギー専門医 ・感染症専門医。

水野泰孝医師の出身大学と、感染症に関心を持った理由は?

水野泰孝医師の出身大学は、

昭和大学医学部

そして、東京慈恵会医科大学大学院だそうです。

大学は、実は志望校でなかったようです。

そのため、どうしても納得がいかず

閉鎖的な医学部の中だけではなく、

幅広い分野の友人を作りたいと思い、

週末や夏休みには、東京ディズニーリゾートでアルバイトをしていたそうです。

意外ですね。びっくりしました。

より、広い世界に出ていきたいという思いが

伝わってきます。

大学卒業後に本来の志望であった

東京慈恵会医科大学に入職され、

そして、付属柏病院で2年間研修されたようです。

その後も引き続き、小児科に入局され、

2年間おられたとのこと。

そして、専門医取得された後、

大学院にて熱帯医学を専攻されたようです。

なぜ、熱帯医学だったかというと、付属第3病院での研修医時代に

WHO(世界保健機関)西太平洋事務局から帰ってきたばかりの

上司に出会ったことから、海外での感染症の話に興味を抱き、

自分もWHOで仕事ができるようなキャリアを積みたい

考えたことが研究を始めたきっかけだそうです。

また、大学院在学中にも、熱帯医学の基礎と臨床を学ぶために、

長崎大学熱帯医学研究所や

タイ王国マヒドン大学熱帯医学部に留学したり、

バングラデシュ国下痢症疾患研究所で実地研修に参加したり

されたそうです。

勉強熱心で、向上心の強さを感じられます、素晴らしいですね。

学位を取得された後は、多く感染症の患者さんをいろいろなところで

診てこられたようです。

在ベトナム日本国大使館へ医務官として出向したことも

あるそうで、そこで、昔の夢をある意味かなえられた

ようですね。

2013年には、東京医科大学の感染制御部部長、そして、

同年新設された感染症科の診療科長となり、

大学医局のトップとなったそうです。

2014年には、デング熱の国内発生、エボラウイルス病の先進国への波及、

韓国での呼吸器症候群(MARS)の流行などから

専門家として、

マスメディアへの出演などされるようになったそうです。

2018年8月で、退職され、フリーランス医師となり、

現在は、グローバルヘルスケアクリニックの院長として、

東京都千代田区にて診療もされています。(2019年6月開院)

感染症のエキスバートであることが、

経歴から良く分かります。

コロナウイルスが蔓延している現在、

とてもありがたい存在であることを感じます。

水野泰孝医師の妻や子供はいるのか?

水野泰孝医師には、奥さんも子供もいるようですね。

ベトナム日本国大使館に在任中に、長男が誕生したようで、

妊婦さんやお子さんを帯同して開発途上国に赴任する

ご家族のご心中は身をもって経験している

引用:グローバルヘルスケアクリニック https://ghc.tokyo/

とおっしゃっています。

なので、奥様と息子さん一人はおられるようですが、

その他に情報が見当たらず、

詳しいことはよく分かりませんが、

小児科のドクターでもあるので、

良いお父さんなのではないかと思われますが。

スポンサードリンク

まとめ

以上、

水野泰孝医師のプロフィール

出身大学と感染症に関心を持った理由

妻と子供はいるのか?

についてでした。

最近、日本でも、いろいろな新しい感染症がでてきたり、

安心できないことが多く発生してきています。

水野泰孝医師は、

専門家として、多くの知識を活かして、

これからも必要な情報を発信してくださると思います。

今後も活躍を期待しています!

【追記】水野泰孝先生のマスクの使用法

コロナウイルスの影響で、マスクが日常的になった今、

水野先生は、どのようにマスクを扱っているのか、

情報を見つけました。

水野先生は、「他人の飛沫を浴びないよう」マスクをつけているそうです。

そのために、マスクを着けていないときは、

「人と向かい合わせにならない」ようにしているそう。

出典:あさイチ

また、一度外したマスクを短時間保管するときは、

人が通らない静かな場所にマスクの外側を下にして、置くことだそうです。

そして、マスクの上にティッシュをかけると

さらに衛生的とのことです。

そして、マスクを外すときは、ストラップだけを触ること。

他の部分はウイルスが付いている恐れがあるので、

手にウイルスが付かないようにするためだそうです。

また、手洗い後は直接蛇口に触らず、

ペーパータオルなどを使用するのも大切だとおっしゃっています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. グローバルヘルスケアクリニック より:

    私をご紹介いただきありがとうございます!

    • yuukoara より:

      お忙しい中、コメントありがとうございます。
      今後もご活躍を期待しております。