[沖縄県うるま市]村田孔彦の「黄金茶屋」の場所と黄金芋の商品は?【人生の楽園】

こんにちは、Hiroです。

2020年5月16日㈯18時からテレビ朝日にて

「人生の楽園」が放送されます。

今回は、沖縄県うるま市に神奈川県から移住した

村田孔彦さんと妻のトモ子さんが出演されます。

お二人は、うるま市の特産品黄金芋(おうごんいも)

魅せられ、移住したそうです。

黄金芋とは、どんな芋なのでしょうね。

お二人とも魅了されたということは、

よほどおいしいさつまいもなのかと思いますが。

管理人は茨城県在住なので、

おいしいサツマイモは手に入りやすい環境ですが、

もっとおいしい芋があるのかと、

かなり気になります。

村田孔彦さんのプロフィール

黄金芋とはどんな芋なのか?

また、「黄金茶屋」とその商品についても調べてみました。

スポンサードリンク

村田孔彦さんプロフィール

村田孔彦さんは、神奈川県で電機メーカーに勤務されていました。

野菜作りが趣味で、

「第二の人生は農業をしたい」

と考えていたそうです。

そんなある日、トモ子さんの故郷・うるま市に帰省し、

甘くて美味しい“黄金芋(おうごんいも)”に出会ったそう

「この芋を栽培したい!」と、

孔彦さんは55歳で会社を早期退職

2012年うるま市に夫婦で移住し、就農を果たしました。

すごい行動力ですね!

早期退職までするなんて、よほど黄金芋に

魅せられたのですね。

ちなみに、うるま市は下の図のあたりです。

しかし、本格的に黄金芋の栽培を始めた2013年は記録的な干ばつで、

イモの9割に亀裂が入り、

商品にならなかったそうです。

でも、出荷できないからと言って捨てるのはもったいないと、

黄金芋の加工品製造と販売を始めたとのこと。

村田孔彦さんが作る黄金芋とは、

どんな芋なのでしょうね?

黄金芋とはどんな芋?

沖縄県では、土壌が適しているようで、

各地で芋の栽培が盛んだそうです。

そして、

うるま市伊計島は黄金芋の産地として知られています。

過去、島おこしのため、

茨城県から黄金芋の苗を3つほど譲り受けて、

県内3カ所に植えることとなったとか。

結果、伊計島の土壌が最も適していたことが、

栽培の始まりだそうです。

黄金芋はその名の通り、黄金色をした芋です

見た目は

普通のサツマイモと変わらないですが、

皮をむくと、身は、かぼちゃのような鮮やかな色です。

特徴は甘みが強いこと。

また、なめらかでねっとりした食感だそうです。

そのままで、スイーツのようですね!

伊計島で育てると甘みが強くなるそうで、

黄金芋のしっとりとした食感は

水分のバランスがいいからなのだそうです。

そして黄金芋は、加工しやすく、

料理やお菓子にも生かされているようです。

村田孔彦さんのお店「黄金茶屋」では、

どんなお菓子に加工されているのでしょうか?

村田孔彦さんの『黄金茶屋』の場所や商品は?

『黄金茶屋』の場所は、

沖縄県うるま市字前原183番地2
うるマルシェ・フードコートうるまテラス内「黄金茶屋」

営業時間は10時から19時

年中無休(メンテナンスの為、臨時休業あり)

黄金茶屋の商品は、

第60回(2019年度)全国推奨観光土産品 観光庁長官賞受賞の

美らスイートポテトタルト ~黄金芋と紅芋のマリアージュ~

(1袋450円・3個入り箱1500円)

これは、黄金芋(村田さんの自社農場)と

紅芋(沖縄県産)の2層の濃厚でなめらかなスイートポテトを

カリカリのタルトで仕上げているそうです。

そして、地元養鶏場の新鮮卵をたっぷり入れているようです。

「黄金の焼き芋プリン」

黄金芋を使った濃厚なプリンで、

うるま市推奨品の浜比嘉の塩(0.1 g入り)を使っているようです。

なんと、卵と生クリームは不使用!

黄金芋の素材の味を活かした、贅沢な逸品だそう。

地産地消にもこだわり、

牛乳と砂糖(きび糖)も沖縄産だそうです。

「こがねチャンまんじゅ~」

これも人気商品のようです。

贅沢に黄金芋をたっぷり入れた逸品です。

隠し味に、

沖縄県産きび糖とぬちまーすの塩を使用しているそう。

このほかにもいろいろな商品があるようなので、

気になる方は、調べてみてください。

全部おいしそうに見えますが・・・

ただ、残念ながら、

芋類は沖縄から県外に持ち出し禁止だそうで、

加工品しか持ち出せないようです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、

村田孔彦さんプロフィール

黄金芋とは、どんな芋か

「黄金茶屋」の場所と商品

についてでした。

村田さんファミリーの手で、

黄金芋の商品が次々と開発され、

名産品が増えてきたことは、

うるま市にとっても

嬉しいことではないでしょうか?

これからも、

黄金芋が多くの人に食べられるといいですね!

管理人も、

ぜひ、お取り寄せしたいです!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする