南雲吉則医師のおにぎりとは?その若さを保つ食生活について。

今回は、テレビ番組「主治医が見つかる診療所」で有名なドクター、

南雲吉則医師について、調べてみました。

著書も多く出版されていますが、その若さを保つ食生活と、

栄養満点なおにぎりとはどんなものなのでしょうか?

スポンサードリンク

目次

1 南雲吉則医師プロフィール

2 南雲吉則医師が若さを保つ食生活とは?

3 南雲吉則医師のおにぎりとは?

1 南雲吉則医師プロフィール

生年月日 :1955年8月1日

慈恵医大卒業。乳腺専門医。

1990年乳房専門のナグモクリニックを開業。

ご自分も40代半ばまでメタボ体形であり、

体重は80キロ近くあって、

便秘や不整脈に悩まされる不健康な体であったとのこと。

38歳の時、お父さんが病気になったことをきっかけに、

後を継がなくてはならないストレスから、暴飲暴食、喫煙など

でそうなってしまったようですが、

メタボ体形の自分に嫌気がさし、いろいろな若返り法を

実践されています。

7年の試行錯誤の結果、15キロのダイエットと、

60歳過ぎても、40代に見える若々しさ

取り戻し、その健康法などを著書などで、多数紹介しています。

2 南雲吉則医師が若さを保つ食生活とは?

南雲吉則先生は、7年間の苦節の上

現在の健康法にたどり着いていますが、

それは一体どんなものなのでしょうか?

1日1食や、ごぼう茶を飲む。

そのあたりが一番有名だと思いますが、

1日1食とはいえ、おやつは摂ることもあるそうです。

おにぎりなどを食べると眠くなるので、代わりに、

ナッツや小魚などを食べるそう。

ナッツには、オメガ3脂肪酸やポリフェノールも含んでいるため、

アンチエイジングにも良いとのこと。

また、「甘酒ヨーグルト」を飲んでいるそうです。

甘酒に乳酸菌を小さじ1杯加え、毎日コップ1杯飲むことで、

便通が良くなるようです。

そして、夕食は「低糖質、完全栄養 高ポリフェノール」と

決めており、主食はきちんと召し上がるそうですが、

雑穀玄米にしたり、10割そばにしたり。

油もエごま油やアマニ油など、

オメガ3脂肪酸を含むものにしているそうです。

体に気使っておられるのが良く分かりますね。

3 南雲吉則医師のおにぎりとは?

南雲吉則医師が薦めるおにぎりとは、どんなものでしょうか?

南雲医師は、「丸ごと食べる」ことを推奨しておられます。

どういうことかというと、野菜の皮をむかずに食べるとか、

魚だったら頭と骨まで食べるとか。

それができる簡単なおむすびのレシピがあります。

それは、玄米に、次の食材を混ぜて作ります。

しらす、干しエビ、梅干し、塩昆布、白ごま。

①炊飯時、ごぼう茶のパックを入れて炊飯。

②干しエビ、塩昆布、白ごまをフライパンで軽く炒る。

③②と梅干を炊飯器に入れて混ぜる。

これをおにぎりにしたら、出来上がり。

体にいいだけでなく、

普通においしいと思います。

作りたくなってしまいますね。

スポンサードリンク

まとめ

その若々しさも素敵ですが、

ガンが増えてきている現代、

その原因は「食生活」が大きいようです。

ガンでなくなる人を減らしたいという目標をもって、

ご自分から、体に良い食生活を実践され、伝えていく姿勢が

とても素晴らしく思っています。

今後もどんどん活躍していただきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする