中村朱美(佰食屋:ひゃくしょくや)は美人!経歴や夫は?なぜ1日100食?【セブンルール】

こんにちは、Hiroです。

2020年5月12日㈫フジテレビにて23時から、

「セブンルール」が放送されますね。

今回は、特別編ということで、

家の中での夫婦や子供とのルール&スタジオ未公開トーク

だそうですが、

以前に出演された方が登場するそうです。

ステイ・ホームが叫ばれている今、

家族が常に家にいる・・・

だからこそ、

今までは必要なかった家族間でのルールも、

必要になってきているかもしれませんね。

今回は、「佰食屋」の代表である、

中村朱美さんも出演されます。

中村朱美さんは、とても美人な方ですね。

いったい、どんな経歴

旦那さんはどんな方なのでしょうか

また、お店では、1日100食しか提供しないそうですが、

なぜ1日100食限定にしたのか、

についても調べてみました。

スポンサードリンク

中村朱美さんプロフィール

名前:中村朱美(なかむら あけみ)

1984年京都府生まれ。

京都教育大学卒業。

専門学校の広報の仕事を経て、

2012年9月飲食、不動産事業を行う、

「minitts」を設立

同年11月に「国産牛ステーキ丼専門店 佰食屋」をオープンしました。

その後も、すき焼き、肉料理の専門店をオープン。

連日行列のできる超・人気店なのに、

「残業ゼロ」を実現した飲食店として注目を集めました。

2017年に「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選出。

2019年には日経WOMAN

「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」大賞(最優秀賞)を受賞。

同年6月「佰食屋1/2」をオープン

素晴らしい功績ですね!

中村朱美さんの夫や家族は?

ところで、中村朱美さんの旦那さんはどんな方なのでしょうか?

旦那さんは、

もともと不動産会社に勤めておられたそうですが、

一緒に開業したそうです。

ちなみに、佰食屋のステーキ丼も、もともとは

旦那さんが朱美さんに作ってくれたメニューだそうですよ。

こんなことをおっしゃっています。

ステーキ丼は、

私が死ぬ間際でも食べたい「最後メシ」なのです。

本当においしくて、

「これをみんなに食べてもらいたい」という想いから

すべてが始まりました。

きっと旦那さんは、料理が得意な方なのでしょうね!

うらやましい限りです!

夫は今でもメニュー開発担当なのですが、

わたしがいつも「こういうのが食べたい」というお題を考えて、

「あとはよろしく!」と。

メニュー開発もされているなんて、

料理好きな方なのだと推測されます。

こんな画像も見つけました!

朱美さんも美人ですが、

旦那さんもイケメンですね!

第1回全国丼グランプリで金賞を受賞されたことが

あるみたいです。

また、ご家族での写真も!

素敵な家庭を築かれているのが

良く分かります。

また、ご主人との家事や育児の分担については、

得意なことを得意なほうがするというルールで、

すべて半分ずつにしているとのこと。

ご主人が料理全般で、朱美さんが掃除や片付け

育児は、すべてを2人ともできるようにしていて、

朱美さんが泊まり出張に行っても

ご主人が子供の面倒を見てくれるそう!

なんとも、

女性目線からみると理想的な旦那さんですね!

スポンサードリンク

1日100食にした理由は?

国産牛ステーキ丼専門店「佰食屋」は、

「本当に美味しいものを1日100食限定」で提供

社員たちは売り切って、就業時間通り、残業ゼロで帰ります

とのことです。

さらに子育て中の人やシングルマザー、

障がい者など多様な人材を正社員として登用し、

時短勤務や有給休暇の完全取得など、

まさに「超ホワイト企業」。

2012年の開業から京都市内に4店舗を構え、

いずれも30分から2時間待ちと大盛況だそう。

素晴らしいですね!

なぜそうなったかというと、

インセンティブみたいに、

もっと「頑張ったら自分に返ってくる仕組み」

飲食店にも導入できないかな、って考えたんです。

そこで「1日100食」と上限を決めて、

「早く売り切れば、早く帰れる」となったら、

みんな頑張れるんじゃないか、と思ったんです。

とのこと。

ヒントやビジネスモデルがあったわけではなく、

「自分たちが働きたいと思える会社にしよう」

ということだったそう。

だからこそ、「自分が働きたい会社」であるために、

売上増や多店舗展開は「捨てる」

「自分たちが働きたい会社」の条件は何かというと、

絶対に譲れないのは、

「家族で晩御飯を一緒に食べられること」

だそうです!

それまでに余裕をもって帰れるようにすることですね。

仕事を早く終え、プライベートを充実させることを

大切にしているそう。

中村朱美さんはこんなこともおっしゃっています。

仕事って本来、自分の人生を豊かにするためにあると思うんです。

お金を稼いで、楽しく過ごすためのもの。

でも多くの人が人生の大半を仕事に費やしてしまう。

それってもったいないじゃないですか。

考えさせられる言葉ですね。

ちなみに、佰食屋は

ランチタイムのみの営業

11時から14時30分です。

(現在はコロナウイルスの影響で、

テイクアウトのみかもしれませんので、

お店にご確認を!)

これなら、従業員の方々も早く帰れますね!

スポンサードリンク

まとめ

以上、

中村朱美さんプロフィール

中村朱美さんの夫や家族

1日100食にした理由

についてでした。

自分たちが働きたい会社を作る!と、

始めたときは、

中小企業支援の専門家の方などからけちょんけちょんに言われたそうです。

「そんなのアホらしい、うまくいくはずがない」って。

しかし、現状をみると、

正反対。

日本人の多くは、仕事第一で、プライベートをあと回し。

会社のために努力しても、

見返りはあまりない、

そんな生活を余儀なくされていると思います。

だからこそ、今、佰食屋は注目されていると思います。

今後も、家庭を大事にし、

地元に愛されるお店を

続けていっていただきたいと思います!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする