那須川天心(格闘家)の性格は?強さの理由と父親との関係は?

こんにちは、Hiroです。

2020年2月10日(月)日テレ19時から21時「有吉ゼミ」に

格闘家の那須川天心さんが出演されます。

神童と言われ、キックボクシング界ではもてはやされている

那須川天心さん

いったいどんな人なのか気になりました。

性格や父親はどんな方なのでしょうか?

また、強さの理由について調べてみました。

スポンサードリンク

那須川天心プロフィール

名前:那須川天心(なすかわてんしん)

生年月日:1998年8月18日(21歳)

出身:千葉県松戸市

血液型:B型

身長:165㎝

5歳の時から極真空手を習い始め、

小学5年の時には極真空手ジュニア世界大会で優勝

その後、小学6年の時、K-1の魔裟斗選手に憧れ

キックボクシングに転向。

アマチュア時代の戦績は105戦99勝5敗1分、KO37回という、

圧倒的な戦績を残しています。

また、中学を卒業後は、格闘技の練習に集中するため、

4年間午前中のみ学校に通うことで卒業できる、

千葉県松戸南高等学校の午前部に進学。

中学卒業後、わずか数か月の2014年7月12日に、

プロキックボクシング団体であるRIZE.100 で

プロデビュー戦を行いました。

相手は、いきなりRIZEバンダム級7位のランカー

その試合で、「1ラウンド58秒KO勝ち」

という衝撃のプロデビューを果たしました。

それを皮切りに、多くの優勝経験やタイトルを獲得しています。

那須川天心の性格と両親はどんな人?

そんな圧倒的強さを持つ、那須川天心さんは

どんな性格なのでしょうか?

実は、空手を始めたきっかけも、弱虫だった那須川天心さん

礼儀をしっかり身に着けさせるため、父親がすすめたそうです。

はじめはいやいやで、稽古の途中で逃げ出すこともあったようです。

幼稚園の時に初めて出た大会に負け、

父親が発奮。自宅での特訓を開始したそうです。

そこから強くなってきたとのこと。

もともと強い性格ではなかったのですね。

意外ですが、実は超ビビリな性格らしいです。

「お化け屋敷が苦手」とか。

「ケンかもしたことはなく、人を殴るのは好きではない」とのこと。

ほんとは、とても優しい人なのかなと思います。

那須川天心の強さの理由と父親との関係は?

那須川天心さんが強くなったのは、

まさしくお父さんの功績ともいえるほど、

お父さんが厳しかったようです。

一番怖いのは父親。

厳しいので反抗したことがない。

とのこと。

那須川天心さんの父、那須川弘幸さんは、

格闘技経験はあるものの、プロではありません。

内装業を経営され、そのかたわらで指導してきたようです。

「大会で優勝したとしても、いつもの動きができていないのであれば、

帰宅後何時間も反復練習をさせる。」

と、厳しい指導をされていたよう。

那須川天心さんも、タイトルマッチですら、

「父のプレッシャーに比べると大したことない」

と感じるほど、父親の存在が大きいようです。

お父さんが、那須川天心さんの素質をしっかり引き出して

ここまで育て上げてきたのを感じられます。

もちろん、那須川天心さんは、もともと持っていた運動神経や

才能も大きかったですが、

もし、気弱な性格のまま、何もさせずにいたら、

才能は開花されなかったはず。

そう思うとお父さんの功績は大きいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

以上、那須川天心さんについてでした。

日本人として圧倒的な強さを持ちながら、

性格は優しい。

そんな那須川天心さんが、

今後もどんどんチャレンジされ、

多くの素晴らしい戦績を残されることを

期待しています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする