おぎぬまX(漫画家)のプロフィールが面白い!赤塚賞を取った漫画って?

こんにちは、Hiroです。

今回は、2020年3月7日㈯テレビ朝日22:10放送の

「激レアさんを連れてきた」に出演する

『山籠り、断食などハチャメチャな修行をした結果、

ギャグマンガ家の登竜門・赤塚賞で29年ぶりの入選者になっちゃった人』

は誰??

と思い、調べると「オギヌマX」さんの名前が浮上!!

そのプロフィールと、どんな漫画を描いているか、

また、赤塚賞について調べてみました。

スポンサードリンク

おぎぬまXプロフィール

名前:おぎぬまX  本名:荻沼竜太(おぎぬまりゅうた)

生年月日:1988年1月26日(32歳)

出身:東京都町田市

和光大学表現学部卒。

中学時代から漫画家を目指していたそうです。

高校3年から大学時代まで、出版社に漫画の持ち込みを続けるが

門前払い続きで、

大学卒業後、養成所に行き、お笑い芸人になる。

2014年まで4年間の芸人生活後、再度漫画家にチャレンジする。

なぜ芸人を辞めたかというと、売れなかったため、

せめて漫画家で死にたいと思ったそうです。

しかし、努力の甲斐もなく、デビューできずに、

キャラクターデザインの会社に入り、働きながら

漫画を描いていたそう。

しかし、会社でもやりたい仕事を任せてもらえず、

辞めて再び漫画に戻ったが、さすがに焦りもあったようで、

4コマバトルトーナメントをしたり、

山ごもりや断食をして

ひたすら漫画に向かっていたそうです。

そして、無の境地で描いた作品がとうとう、赤塚賞に入選

やっとそれまでの苦労が報われたそうです!!

それが2019年12月

受賞作品が「だるまさんがころんだ時空伝」

おぎぬまXが受賞した赤塚賞とは?

ところで、おぎぬまXさんが受賞した「赤塚賞」ってどんな賞なのか?

赤塚賞は、集英社が主催する少年向けギャグマンガの

新人募集企画とのこと。

「週刊少年ジャンプ」と月間少年ジャンプ」→「ジャンプスクエア」

による共同開催。

1974年の下半期から始まり、年に2回行われている。

もともとは手塚賞からギャグ漫画の部分を独立して

設立したそうです。

古くからある賞なのですね。

しかし、2019ねん12月までで91回行われているが、

入選者はトータルでたった6人!!

32回から91回まで30年近く入選者がいなかったそうです!!

とても入選するのは厳しいようです。

だからこそ、おぎぬまXさんの快挙はすごいのですね!!

ちなみに赤塚賞は入選、準入選、佳作とあって

準入選や佳作の受賞者はいたようです。

おぎぬまXが入選した漫画は?

ところで、赤塚賞を受賞した「だるまさんがころんだ時空伝」とは

どんな漫画か気になりますね。

どうも主人公の田中(10歳)が親友の森田(10歳)と

空き地でだるまさんがころんだをしていたら

時空を超えてしまう話のようです。

審査員のうすた京介さんは、「シュールな短編映画のよう。

たった15Pとは思えないほど深い」。

つの丸さんは「読みやすく面白かった。雰囲気もいい」。

増田こうすけさんは「展開に驚きがあって飽きさせないし、

キャラの表情も面白かった」と講評でコメントしたそうです。

どんな漫画か気になりますね。

普段漫画は読まない管理人も、読んでみたくなってしまいます!!

まとめ

以上、おぎぬまXさんと、赤塚賞をとった

「だるまさんがころんだ時空伝」についてでした。

努力し続けてもなかなか芽が出ず、

それでももがきながら、全力で漫画に向かい続けたおぎぬまXさん。

続けることの強さを学ばされました。

これからも多くの作品を世に出していって欲しいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする