荻田泰永(北極冒険家)の大学や経歴は?極地食とチョコレシピとは?【激レア】

こんにちは、Hiroです。

2020年6月20日22時10分からテレビ朝日にて、

「激レアさんを連れてきた」が放送されます。

今回は、

地球で最も過酷な場所「北極」にハマってしまい

マイナス50度の世界を1万km以上歩き続けた結果、

大記録を達成しちゃった「北極冒険家」

ということですが、

気になって調べたところ、

北極冒険家の荻田泰永さが浮上してきました。

荻田泰永さんは、なんと、

日本人初の南極点無補給単独到達に成功、

という偉業を成し遂げています。

一人孤独に、極地をただただ歩き続けるって、

いったいどんな心境なのでしょうね。

そんな荻田さんは、なぜ、冒険家になったのでしょうか?

きっかけや、経歴と大学、

また、極地で食べるものやチョコレシピについて

調べてみました。

スポンサードリンク

荻田泰永さんプロフィール

出典:GetNavi web

名前:荻田泰永(おぎた やすなが)

生年月日:1977年9月1日

出身:神奈川県

北海道鷹栖町在住。

神奈川県立愛川高等学校卒業

神奈川工科大学へ進学するが、3年で中退

1999年7月 テレビでみた極地冒険家の大場満郎の存在を知り、

語った内容から、北極冒険に魅せられる

2000年 大場さんの企画した

「北磁極を目指す冒険ウォーク2000」に参加。

アウトドア経験が、まったくないまま、

カナダ北極圏のレゾリュート村から北極圏まで、

700kmの徒歩冒険行を行う。

2001年から一人での冒険行をスタート。

そこから毎年北極圏各地を訪れる。

2012年 日本人初(世界3人目)となる

「北極点無補給単独徒歩」に挑戦しましたが、

海氷状況と天候悪化により17日目で断念。

2018年1月6日 日本人初の南極点への徒歩による

無補給・単独踏破に成功

北極が、はじめての海外旅行だったそうです。

しかもアウトドア経験なしで、

700キロの極地歩行をしてしまうなんて、

すごい行動力ですよね!

そんな荻田泰永さんが冒険家になろうとしたきっかけは

なんだったのでしょうか?

荻田泰永さんが冒険家になった理由は?

出典:レタスクラブ

荻田泰永さんは、大学の頃、

こんな学校行っていても何の役にも立たないのでは、と

なんと中退してしまったそうです。

そんな時にテレビで大場さんが出て、北極の話をしていたそう。

その時の荻田さんは20代前半。

やりたいことは明確にないけど何かできるはずって

パワーと自信はあった。

そこで大場さんに手紙を書いたのが最初のアクション。

出典:Red Bull

そこから北極を訪れるようになったそうですが、

当時は特に北極に行きたいと考えてはいなかったそう。

何かできるかと思い、

たまたま出会ったのが北極だったとのこと。

それから、何度も北極へ行っておられますが、

普段は特別なトレーニングはしていないという。

あるのは経験値のみ。

長年の北極冒険の経験から、

荷物を最小限に抑えることもできるし、

あるもので何とかするスキルも身に付いたそうです。

そこで、

新しいフィールドを求め、

南極に行ってみたとのことです。

そうしたら、

日本人初の南極点無補給単独歩行を成し遂げてしまったそう。

とはいえ、気温は常に氷点下。

南極点まで1126キロメートル。

50日間変わらない景色の中、ただ歩き続けるって、

常人にはできるものではありません!

行動中の食事と極地で食べるチョコレシピとは?

出典:POCKETMARCHE

過酷な極地の中で、荻田泰永さんは、

いったいどんなものを食べていたのでしょうか?

北極を歩くとき、荻田さんは、

毎日同じものを食べているそうです。

1日12時間そりを引いて歩くため、

朝夕の食事と、

休憩の度に、こまめに栄養補給をされているそうですが、

ほぼ同じものだそう。

毎日、5000キロカロリーを摂取しても、

2か月後には、10から15キロ体重が落ちるというから、

1日のカロリー消費量は

かなりのものですね。

そうすると、味覚が変わってくるようです。

体から脂肪が落ちてくると、

美味しくなかった食事が、おいしく感じてくるそう。

そういうところから、

体の消耗状態を判断するそうです。

そして、脂肪が少なくなってくると、

カロリーの高いものがおいしいと感じるようになるそうです。

持参する食料は、

「軽量」「コンパクト」「高カロリー」が基本で、

特にタンパク質と脂質を多く摂取するそうで、

ソーセージやチーズ、バターなどは必須だとのこと。

そして、1日に食べるものは、

このようなものだそうです。

朝はオートミールとスキムミルク、

昼は出発前に用意していく自家製のチョコレートバーと

栄養食品「カロリーメイト」、ナッツなど、

夜はアルファ米にソーセージやチーズ、

そこへバターを大量に入れます。

朝と夜はテントの中で火を使って調理をします。

引用:POCKETMARCHE

そして、行動食のチョコレシピ!

これは極地用だそうです。

出典:BE-PAL

チョコレート 1,000g
サラダ油 300g
すりゴマ 75g
きな粉 75g
ナッツ 100g
レーズン 100g

チョコレートを湯煎で溶かし、

残りの材料を入れて

型に入れて、固めるだけだそうです。

しかし、1グラム当たり約6.5キロカロリーだということなので、

普通のチョコより高カロリー。

(普通の板チョコは50gで約280㎉)

あまり動かない人がたくさん食べたら、太る可能性大!!

ご注意を!

スポンサードリンク

まとめ

以上、

荻田泰永さんプロフィール

冒険家になった理由

行動中の食事と極地で食べるチョコレシピ

についてでした。

荻田泰永さんは、

南極点の踏破は、ご自身の人生で、まだ通過点だと

おっしゃっています。

限界やゴールを決めずにどんどん進まれる姿は、

本当に素晴らしいと思います!

2度断念されている、

北極点への無補給単独歩行到達も

近い将来成し遂げられるかもしれませんね。

今後もご活躍を期待しています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする