鳥貴族で働いてしまった鷲見恵理子(バイオリニスト)の年収や結婚は?【激レアさんを連れてきた】

こんにちは、Hiroです。

2020年5月2日㈯テレビ朝日22:10から

「激レアさんを連れてきた」が放送されます。

今回は、

世界的バイオリニストとして

ずっとヨーロッパの貴族の前で演奏していたので、

居酒屋「鳥貴族」をうっかり貴族が集まるサロンと勘違いして

面接を受けてしまい、とりあえず働いていた人

という面白いエピソードを持つ方が登場されます!

これは、激レアさんで以前も放送されたことがあるようですが、

(2018年1月)

バイオリニストの鷲見恵理子(すみえりこ)さんのようですね!

バイオリニストの方って個性的な方が多いですが・・・

高嶋ちさこさんとか、

木嶋真優さんとか。

ちなみに木嶋真優さんの記事は、よろしければこちらもどうぞ。

鷲見恵理子さんは、日本バイオリン界の名門一家に生まれた

れっきとしたお嬢様。

それにもかかわらず、「鳥貴族」で働いてしまった、

鷲見恵理子さんって

どんな方なのでしょうか?

経歴や年収、結婚について調べてみました。

スポンサードリンク

鷲見恵理子さんプロフィール

名前:鷲見恵理子(すみえりこ)

生年月日:1975年9月17日(44歳)

出身:東京都目黒区

バイオリンは3歳から始めており、

両親や、祖父・鷲見三郎さんから学んだそう。

ちなみに、鷲見三郎さんは、

鳥取県米子市出身の著名なバイオリン指導者

(1984年にお亡くなりになっています)

お父さんは、鷲見三郎さんの長男、鷲見健彰さんで、

桐朋学園名誉教授

それを聞いただけでも、名門一家であることが分かりますね。

1980年桐朋学園「子供のための音楽教室」に入室。

小学校は、田園調布雙葉小学校。

1987年小学6年の時、第41回全日本学生音楽コンクールで

東日本大会小学生の部で第2位を獲得。

中学も、田園調布雙葉中学校。

1989年中学2年で渡米、

ジュリアード音楽院プレカレッジと

プロフェッショナル・チルドレン・スクールに入学

1994年ジュリアード音楽院に入学

同年、ミケランジェロ・アバド国際バイオリンコンクールで1位を獲得

その後、カーネギーホールでリサイタルを開き、

ニューヨークデビューを果たす。

1995年デビューアルバムリリース

1998年、同音楽院卒業。

若き頃から才能を発揮されていたのですね。

それなのに、鳥貴族!!

本当にありえない話ですね!

鷲見恵理子さんは結婚しているか?

ところで、鷲見恵理子さんは、ご結婚されているのでしょうか?

ご自身のブログや、

いろいろな情報を探してみましたが、

それらしいことは、分かりませんでした

バイオリン一筋で、恋愛や結婚にももしかしたら

あまり関心がなかったのでしょうか?

または、ご結婚を公表していないことも

考えられますので、何とも言えません。

それに、家柄のこともあり、

それなりの相手との結婚でないと、ということも

考えられますが。

今でも、バイオリンを教えていたり、

いろいろなところでコンサートを開いたりと、

忙しい生活をされているように思われます。

お父様以外のご家族の情報も、

あまり見当たらないようです。

鷲見恵理子さんの年収はどれぐらいか?

ところで、鷲見恵理子さんの年収はどれくらいなのでしょうか?

若いころから、コンサートなどもしておられるので、

かなりの収入はあると思われます。

ちなみに、一般的なオーケストラの楽団員の年収は

500万くらいだそうです。

これをみると、公務員の年収とそれ程変わらない感じです。

しかし、小澤征爾さんクラスの指揮者となると

1回の公演で500万円くらいになるそうです。

雲泥の差がありますね!

日本でトップクラスのバイオリニスト、諏訪内晶子さんの年収は

億は稼いでいると言われています。

海外のコンクールで優勝しているレベルの方は、

一回の公演で50万円程度はもらっているようです。

それを考えると、鷲見恵理子さんの年収も

少なくはないと思われます。

しかし、もともと家が裕福であり、

たとえご自分の収入があまりなかったとしても、

ゆとりのある生活ができるように

感じます。

鳥貴族でのバイト代は、

時給1000円以下だったようなので

何かおかしいと、

感じなかったのでしょうか??

スポンサードリンク

まとめ

以上

鷲見恵理子さんプロフィール

結婚しているのか?

年収はどれくらいか

についてでした。

鷲見恵理子さんは、

バイオリニストとしての顔以外、

あまり、公表されている情報がなく、

謎の部分が多い方でした。

だからこそ、激レアさんに取り上げられたことで、

エピソードがいろいろ分かって、

親しみが持てる感じがします。

今後も、いろいろな場で

ご活躍をきたいしています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする