高橋克典(俳優)の体形維持の秘訣は?心労か?全身不調の病気だった!

こんにちは、Hiroです。

今回は、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で織田信長の父、

織田信秀を演じる俳優の高橋克典さんについてです。

高橋克典さんは28歳で俳優デビューして以来、

数多くのテレビドラマに出演し、主演を務めることも

多くありましたが、意外に大河ドラマは

初出演のようです。

55歳という年齢を感じさせないパワフルさ、カッコよさがありますが、

その体形を維持している秘訣はあるのでしょうか?

昨年末は、全身不調の病気があった様子。

多忙のせいだったのでしょうか?

または心労が重なったのでしょうか?

調べてみました。

スポンサードリンク

高橋克典プロフィール

名前:高橋克典(たかはしかつのり)

生年月日:1964年12月15日(55歳)

身長:175㎝

血液型:O型

出身:神奈川県横浜市

音楽教師の父と声楽家の母をもち、

3歳からピアノの英才教育を受ける。

青山学院大学経営学部中退。

中高時代はラグビー部所属であったそう。

2003年ワールドカップ放送ではキャスターをつとめています。

1993年「抱きしめたい」で歌手デビュー。

俳優としても様々なドラマに出演。

2004年モデルの中西ハンナと結婚

2009年第一子男の子が誕生

いまだにカッコよく、ダンディーな高橋克典さんですが、

体形維持のため何かされているのでしょうか?

高橋克典の体形維持の秘訣は?

高橋克典さんが今のようなカッコイイ体形をつくるきっかけとなったのは、

主演ドラマ「特命係長 只野仁」の役作りのためだったそう。

只野仁は、普段は着やせして目立たないが、

脱いだら筋肉美、という設定。

そのため、高橋克典さんは、体重はそのままに体を絞り、

筋肉量を増やすトレーニングに取り掛かりました。

そのトレーニング法とは、

1日1時間、2日続けてトレーニングをし、1日休む。

中年の肉体の特性を生かしたトレーニング法だそうです。

その指導を行ったのは、元プロ野球選手清原和博のトレーナーを務めた

「ケビン山崎」という方。

ケビン山崎は、トレーニングジム「トータルワークアウト」を創設した人物。

高橋克典さんは、「トータルワークアウト」に通い、

かつ、食事を、高たんぱく、低脂肪、低糖質に変え、

18時以降は食事をしないことを徹底していたそうです。

さらに、トレーニングメニューに

ボクシングやピラティスを取り入れ、

通い始めて3か月後、体脂肪率21パーセントから10パーセントに!!

その後もトレーニングは続けているようです。

俳優として常に見せ続けることを意識されているのかな、と思います。

その意識の高さは素晴らしいですね。

高橋克典は全身不調の病気があった?

そんな高橋克典さんですが、2019年年末ごろ、

体に不調があったそう。

それは、両足首の軽い捻挫

左肩にあった激痛と11月からあった左耳の異常、

軽い吐き気と目眩左上の歯か顎の異常が暴れだし、

激痛で全身不調だったそうです。

ご本人も「12月に入ってからずっと倒れそうな状態のまま、

何とかゴールできました」とおっしゃっています。

仕事の忙しさに加えて、10月12日には、お母様が亡くなっており

12月12日には、実は親戚であった梅宮辰夫さんも

亡くなっていることを考えると、

精神的な負担は、かなり大きかったのではないかと思われます。

お母さんと梅宮辰夫さんがいとこ同士だったようですね。

そして、高橋克典さんにとって、梅宮辰夫さんは

子供の頃から憧れのおじさんだったとのこと。

大切な人が、2人も間を置かずに亡くなっているのは、

自分の気づかないところで大きな負担だったでしょうね。

12月31日には、ご本人のブログで「全快」したとの報告があったので、

良かったですが。

治した方法は、「とにかく寝るだったそう。

睡眠不足の積み重ねが不調をもたらしていたのでしょうね。

加えて、信頼できる鍼灸の先生や、かかりつけの名医などに

診てもらったようです。

きっと体も悲鳴を上げていたのだと思います。

スポンサードリンク

まとめ

以上高橋克典さんについてでした。

大河ドラマで大きな役を任され、

どんどん活躍しておられる時だからこそ、

体をととのえて、素晴らしい演技をしてほしいと思います。

これからも活躍を期待しています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする