竹下真由(竹下製菓社長)の夢はロボコン?ブラックモンブランは関東で買える?【セブンルール】

こんにちは、Hiroです。

2020年8月18日㈫23時からフジテレビにて

セブンル―ルが放送されます。

今回は、竹下製菓5代目社長である、

竹下真由さんが出演されます。

竹下真由さんは、

佐賀県・竹下製菓の一人娘として生まれました。

そして、大学卒業後、

家業を継ぐ前に自分の力を試してみたいと、

東京のコンサルタント会社に就職しました。

そこで、同期だった男性と結婚し、

夫婦で佐賀に戻り、

34歳で5代目の社長に就任したそうです。

また、竹下製菓は1969年に

「ブラックモンブラン」というアイスを発売。

以降累計販売数10億本以上というから、

すごいですね!

九州のソウルフードと呼ばれるそうです。

ちなみに、国民的人気アイスの

「明治エッセルスーパーカップ 超バニラ」シリーズが、

累計販売数が、50億個以上だそうなので、

ほぼ九州だけでそれだけ売れる

「ブラックモンブラン」はすごいですよね!

ブラックモンブランは、どんなアイスなのでしょうか?

竹下真由さんの経歴や夢はロボコンだった

とのことですが、

どうなのでしょうか?

スポンサードリンク

竹下真由さんの経歴と夢はロボコン?

出典:https://www.sankei.com/

名前:竹下真由(たけした まゆ)

1981年生まれ。

竹下真由さんが生まれ育ったのは、

当時菓子工場のあった佐賀市内

会社と自宅の玄関は同じだったそうで、

学校から帰ると、

家族よりも事務員さんに「おかえりなさい!」と

言われるような環境だったそう。

そして、幼少時代は、お父さんやお祖父さんの後をついて

工場の見回りをしたり、

お菓子の箱詰めの手伝いをしたりして、

家業と密着した生活をしていたそう。

特に、「機械からお菓子が次々と生み出されていく様子」

に興味があったそうです。

何時間も眺めていたというから、

よほどですね。

そんな機械好きの竹下真由さんが

小学2年の頃、

たまたまテレビをつけたときに、

ロボットコンテストのドキュメンタリー番組

放送されていたそうです。

そこでは、

マサチューセッツ工科大学や

東京工業大学の学生がチームで競い合う

コンテストの模様が放送されていました。

「からくり的な要素が強いロボットを、

多国籍の即席チームで一緒に作り上げていく熱気、

臨場感が子ども心にささって、もうクギ付けでした。

瞬間的に自分も将来この大会に出たい!

となったんです」

出典:https://www.nikkan-gendai.com/

その理由から、

東京工業大学に見事合格!

在学中にアメリカで行われた

ロボットコンテスト世界大会への参加も

叶えてしまったというから、

すごいですね!

また、機械を知って学ぶことも将来に役立つと思い、

会社の経営も学ぶため、

大学院にも進学されました。

卒業後、外資系コンサルタント企業に就職

お父さんは、

すぐに会社に入って欲しかったそう。

しかし、「5年だけ」という約束で就職されたそうです。

2011年 竹下製菓に入社。

経営企画室で製造ラインの改善などに取り組まれる。

2014年 取締役商品開発室長となる。

2016年 代表取締役社長就任。

それでは、竹下真由さんが継いだ、

竹下製菓はどんな会社なのでしょうか?

そして、ブラックモンブランとは?

スポンサードリンク

竹下製菓とブラックモンブランとは?

竹下製菓株式会社は

1894年(明治27年)創業、

1927年(昭和2年)設立。

本社は、佐賀県小城市にあります。

主な商品は、アイス、和菓子、洋菓子。

そして、「ブラックモンブラン」

竹下真由社長の祖父にあたる

故竹下小太郎氏が1966年に考案したアイスです。

商品の名前の由来は、

アルプス山脈を訪れたときに、

「この真っ白い山にチョコレートをかけて食べたらさぞ美味しいだろう」

と思ったことがきっかけだそう。

当時のアイスは、

ほとんどが着色料で色付けした水に甘味料などで甘みをつけただけの

駄菓子っぽいものだったそうですが、

バニラアイスにチョコレート、

クッキークランチといった洋菓子風の高級感をもった

「ブラックモンブラン」に子供たちは惹かれたそう。

出典:http://takeshita-seika.jp/

また、もう一つ人気の理由に当たりくじがあること。

アイス棒についた当たりくじは、

子供にとって、ワクワクするものですよね!

その為、工場での大量生産ができるようになると、

瞬く間に九州全域に広まったそうです。

出典:http://takeshita-seika.jp/

そして、現在は「110点」「50点」「10点」の三つの当たりがあり、

110点で1本交換できます

「良く当たる」と言われますが、

「10点の割合が多いので、当たった気分を多く味わえるのかも」

とのこと。

また、1本110円(税別)という値段も

お手頃でありがたいですね!

そして、クランチチョコはザックリ、

中のバニラアイスはあっさりめだとのこと。

それが、今でも愛される理由なのでしょうね。

出典:https://www.j-wave.co.jp/

それでは、ブラックモンブランは、

関東でも買えるのでしょうか?

ブラックモンブランは関東で買える?

ブラックモンブランは、

現在、関東では一部のお店で販売されているそうです!

まずは、東京都中心にある、

スーパーのサミット

そして、ドン・キホーテでも見かけるという情報もありました。

しかし、近くにお店がないと、

買えないですよね!

実は、通販でも買えるようです!!

竹下製菓のオンラインショッピングでも購入できますが、

15本セットが、

送料込みで4158円(税込み)

少々お高くなってしまうのは仕方がないですね。

そのほか、楽天市場には、

もう少し安いものもあるようですので

チェックしてみても良いかもしれません。

または、ふるさと納税にも出ています!

10本セットで5000円です。

意外と購入方法はあるようなので、

ぜひ、管理人も食べてみたいです!

スポンサードリンク

まとめ

以上、

竹下真由さんの経歴と夢はロボコン?

竹下製菓とブラックモンブランとは?

ブラックモンブランは関東で買える?

についてでした。

竹下真由さんは、小さいころは、

ロボコンに憧れ、学生時代に夢を実現しました。

そして、現在は、

3人の子供を持つお母さんでありながら、

社長に就任され、

忙しい日々を送っておられます。

そして、竹下製菓のブラックモンブランは、

九州で人気のロングセラーアイス。

関東ではなかなか買えないアイスですが、

通販でも買えることが判明しました!

今後も、九州から、

いろいろな美味しいお菓子を開発して欲しいですね!

楽しみにしています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする