田丸雅智(SS作家)はイケメン!経歴とショーショートを書き始めた理由は?【情熱大陸】

こんにちは、Hiroです。

2020年4月26日㈰TBS23時から

「情熱大陸」が放送されます。

今回は、ショートショート作家の田丸雅智さんが出演されますね。

ショートショート作家と言えば、

星新一さんが有名で、

管理人も若いころ、小説大好きだったので、

星新一さんの本は読んだ記憶があります。

内容は忘れましたが(笑)

不思議な物語だった記憶がうっすらとあります。

田丸雅智さんは、若くてイケメン!

どんな方なのでしょうね。

経歴やイケメン画像。

なぜショートショートを書き始めたのか?

気になって調べてみました。

スポンサードリンク

田丸雅智さんプロフィールとイケメン画像

名前:田丸雅智(たまる まさとも)

生年月日:1987年12月22日(32歳)

出身:愛媛県松山市

愛媛県立松山東高等学校卒。

東京大学工学部、

東京大学大学院工学系研究科卒業。

学歴をみると、とても優秀なのが分かります。

星新一さんが「唯一の後継者」とした江坂遊さんが

認めた作家であり、

星新一さんの「孫弟子」にあたるようです。

しかし、作風は、星新一さんとは大きく異なり、

江坂遊さんの流れを汲んでいるようですよ。

2011年12月『物語のルミナリエ』という本に「桜」が

掲載され、デビューしたそうです。

ちなみに、『物語のルミナリエ』とは、

書下ろしショートショートが

78編集められた本のようです。

2012年3月には、江坂遊さんが選考委員の

「樹立者ショートショートコンテスト」で「海酒」が

最優秀賞受賞。

以降、現代ショートショートの第一人者として、

ショートショート専門で執筆活動を行っています。

そして、2016年に作品「海酒」

ピース・又吉直樹さん主演で短編映画化され、

カンヌ国際映画祭など、

多数の映画祭で上映されたとのことです。

素晴らしいですね!

そして、こんなイケメン画像も。

笑顔も素敵です!

そんな田丸雅智さんは、なぜショートショート作家になったのでしょうか?

田丸雅智さんがショートショート作家になった理由は?

田丸雅智さんが、作品を書き始めたのは、

高校2年の時だったそうです。

小学生のときから星新一さんの本を読んでいたこともあって、

その頃時間を持て余していたため、

なんとなくルーズリーフに書いてみたそう。

友達に見せたら「面白い」と言ってくれて、

それではじめて物語って自分で書いてもいいものなんだって

気づけたそうです。

そこから、暇なときに書いたそうですよ。

そして、大学に入ってから、

工作好きとしてものを作ることは大学の研究でできるけれど、

もう一つ何か軸が欲しいと思い、

やってみようと思ったのが小説だったそう。

サークルなどには入らず、一人でやってきたそうです。

一人でやるのが好きなのだそうです。

そして、大学時代からコンテストに応募され、

だんだん選ばれるようになったそうです。

しかし、なかなかデビューにはつながらず、

行動を起こさないとと思い、

江坂遊さんに手紙と作品を出版社気付で送り、

それが転機となったそうです。

一人で淡々とやり続けるって根気がいりますよね。

素晴らしいですね!

ショートショートとは、どんなものか?

ところで、田丸雅智さんが書いているショートショートとは、

どんなものなのでしょうか?

SSとは、簡単に言うと「短くて不思議な物語」

もっと言うと、

「アイデアがあって、それを生かした印象的な結末のある物語」だ。

こんなものだそうです。

しかも、1話5分ほどで読めてしまうようなものばかり

読書をする時間がない方でも、

あっという間に非現実の世界に飛び込めることが

ショートショートの醍醐味です。

田丸雅智さんは、現在、

自作の執筆に取り組むかたわら、

ショートショートの書き方講座も開催しているそうです。

自分で創作、と考えただけで

尻込みする人も多いかもしれませんが、

読書や作文が苦手な方も、

独自のワークシートを順番に埋めていくだけで

誰でも気楽に楽しみながら作品がかける方法を

用意してくださっているそうですよ!

また、更生につなげて欲しいとのことで、

少年院でも講座を開催されているみたいです。

活動をどんどん広げておられるのですね!

スポンサードリンク

まとめ

以上

田丸雅智さんプロフィールとイケメン画像

ショートショート作家になった理由

ショートショートとは、どんなものか?

についてでした。

田丸雅智さんは、

ご自分で作品を創作するだけでなく、

いろいろな活動もされているようです。

活字離れが進む現代、

小説にもっと関心を持つ方が増えると良いですね!

今後も活躍を期待しています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする