堤駿斗(ボクサー)はイケメン!左ジャブってすごいの?家族や強さの秘訣は?【情熱大陸】

こんにちは、Hiroです。

2020年3月15日23時からTBSにて「情熱大陸」

放送されますが、

そこに堤駿斗さんが出演されます。

堤駿斗さんはボクシングで東京オリンピックを目指し、

期待されています。

日本人として初めて、アマチュアボクシング世界ユース選手権

(18歳以下の世界大会)で優勝という、

快挙を成し遂げているそうです!

堤駿斗さんのその強さの秘訣は何なのでしょうか?

得意の左ジャブと家族についても調べてみました。

スポンサードリンク

堤駿斗さんプロフィール

名前:堤駿斗(つつみはやと)

生年月日:1999年7月12日(20歳)

出身:千葉県

身長:171㎝

3人兄弟の2番目に生まれ、

最初は空手を習っていたが、小学5年生から

ボクシングとキックボクシングを始める。

中学2年からボクシングに専念

習志野高校時代、高校6冠を達成

卒業後、東洋大学に進学。

2016年、高校二年の時、世界ユース選手権で日本人で初の優勝。

2017年、井上尚弥さん以来、6年ぶりに高校生で

全日本選手権を制する。

そのことから井上尚弥2世と呼ばれる。

2018年8月25日、アジア競技大会バンダム級の1回選で

モンゴルの選手に敗れる。

2020年3月3日、東京五輪アジア・オセアニア予選

フェザー級の1回戦でフィリピンのイアン・クラーク・バウチスタに敗れ、

五輪出場枠を獲得できませんでした。

5月の世界最終予選(パリ)で出場枠の獲得を目指して

頑張っておられるようです。

堤駿斗さんの強さの秘訣は?

堤駿斗さんは、お兄さんと弟さんがおり、

弟の麗斗さんもボクシングをやっているそうです。

実は、今、習志野高校でボクシングの腕を磨いていて、

2024年のパリ五輪を目指しているとのこと。

堤駿斗選手の最大の武器は強烈な左ジャブ

そして、腕を磨くため、

アマチュアボクシングの名門・東洋大学に入学しました。

東洋大学は、ロンドンオリンピック金メダリストの

村田諒太選手も輩出しています。

大学の練習だけでなく、

なんと、実家に練習部屋があるようです!

六畳の部屋にマットを敷き、壁にベニヤを張った

専用の練習部屋があり、

週末はそこでお父さんと練習を続けてきたそう。

お父さんは、会社員で、

ボクシングの経歴はないそうです。

しかし、3人の息子さんが全員ボクシングのにのめりこんでいくのを

みて、一念発起。

図書館で借りたトレーニングや運動理論の本を読みあさり、

独学で子供たちの

練習メニューを組み立ててきたそうです。

お父さんの直樹さんはこう語っています。

いつも駿斗には、中途半端にやるなら俺の協力はいらないよね、

って話をするんです。

その時は俺は身を引くからって。

でも、そこに見合う努力を本人がしてくれているので、

ずっと継続している形です。

親として、できる限りのことしかできないんですけど

素晴らしいお父さんですね。

ご自分の努力に加え、

そんなお父さんの支えもあって、

ここまで勝ち続けてこられたのですね。

堤駿斗さんは

次のパリ大会も狙えるがオリンピックは東京だけ、と決めている。

その後プロで世界を目指すのが夢

とおっしゃっています。

ぜひ、オリンピックに出場してほしいですね。

堤駿斗さんの左ジャブって?

堤隼人さんは左ジャブが得意だそうですが、

ボクシングに詳しくない管理人は、

良く分かりません(;^ω^)

たった3ラウンドで争うオリンピック競技、

アマチュアボクシングは、派手なノックアウトより、

ポイントで勝敗が決まることが多いのが特徴だそうです。

相手の顔面やボディー(ベルトより上の胴体)のパンチを

有効打とし、3ラウンドが終了した時点で

ポイントの高い選手が勝利となるようです。

確実にポイントを稼ぐ上で、堤隼人選手が得意なのが

相手との距離を測ったり、けん制したりする

ジャブであるそうです。

堤駿斗選手の速くて正確な左ジャブは

スパークリングで対戦したWBA世界バンダム級チャンピオンの

井上尚弥選手からも絶賛されたそうです!!

素晴らしいですね!!

スポンサードリンク

まとめ

以上、堤駿斗さんについてでした。

コロナウイルスの影響でオリンピックの開催がどうなるか

不安な時ではありますが、

ぜひ、無事開催され、堤駿斗選手も出場されることを

願っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする