「魚の伝道師」上田勝彦(元水産庁官僚)のプロフィールと退職理由は?【情熱大陸】

こんにちは、Hiroです。

2020年3月8日㈰TBSにて23時から放送の「情熱大陸」

上田勝彦さんが登場します。

上田勝彦さんは、ウエカツ水産代表で元漁師、元水産庁官僚

異色の経歴の持ち主。

上田勝彦さんは魚料理の本も出していますが、魚の伝道師として、

どんな活動をしているのでしょうか?

また、プロフィール官僚を退職した理由についても

調べてみました。

スポンサードリンク

上田勝彦プロフィール

名前:上田勝彦(うえだかつひこ)

1964年生まれ、島根県出雲市出身。

長崎大学水産学部卒業。

1991年水産庁入庁

水産庁を辞め、2015年株式会社ウエカツ水産を設立

上田勝彦さんは、幼少の頃から魚好きでした。

水産学部に入ったのも

魚のことが学べるからだったそうです。

在学中にシイラ漁を体験したのをきっかけに、

大学を休学して漁船で働きながら

日本の漁村を回りました。

本当に魚と漁がお好きだったのですね。

卒業後は漁師として働こうと思っていましたが、

漁村の高齢化と人材不足の深刻さ、

現場の声を伝えなければと

公務員試験をうけたそうです。

1991年27歳で水産庁入庁

瀬戸内海の漁業紛争調整、南氷洋調査捕鯨、

太平洋マグロ漁場開発、日本海資源回復プロジェクト等に

従事しておりました。

2004年から境港漁業調整事務所にて資源管理計画官。

2009年より同事務所にて資源課長。

水産庁でもご活躍されていたことが分かります。

上田勝彦が水産庁を退職した理由は?

ところで、上田勝彦さんはどうして水産庁を退職したのでしょうか?

しかも、2015年50歳という年齢で

それは「役人時代から関わってきた魚食文化の復興を、本業に据えるため」

だったそうです。

漁業を支えるために自分ができることは何かと考えたら、

他に道はなかった。とはいえエネルギーを相当使う仕事でもあるので

体力、精神力のあるうちにと考えると、

定年を待っていては無理だったというわけです

ということでした。

日本では、もともと「魚食文化」があり、

有史以前から主なたんぱく源は魚であった。

しかし、その数千年にわたって受け継がれてきた魚食が

消滅の危機に瀕している。

家庭での魚類と肉類の消費量は、

2006年から2009年の間に逆転し、

肉類の消費量が増えています。

そして、魚料理には、大きなハードルがある

上田勝彦さんはおっしゃっています。

臭みがある、ゴミが出る、料理に手間がかかる、骨がある、

料理のレパートリーが限られる、肉に比べて割高

その「六重苦」が店頭で魚を手に取る機会を

減らしているとみておられます。

主婦の目線からみると、

仕事もしながら忙しい毎日を過ごしていると、

仕事で疲れて帰った後、魚を捌くって、

ハードル高すぎますよね。

管理人は、切り身を焼くだけで精いっぱいです!!

上田勝彦さんの「魚の伝道師」としての活動は?

効率を求める流通業界の波にのまれ、

多くの魚屋さんも町からどんどん姿を消しており、

魚の栄養価分かっていながらも、

忙しい主婦が、手間なくおいしく食べられる肉のパックを手に取ることも

多い現代、上田勝彦さんは、どんなことを考え

何を行っているのでしょうか?

活動としては、料理教室や講演

テレビ出演や本の出版などをされて、

魚の魅力を伝えていますね。

現場は真剣に仕事をしている。でも、衰退の兆しは明らかで、

だれかが支えなければ漁師は廃業を余儀なくされる。

では支えるのはだれか。国でもなければ自治体でもない。

消費なんです。獲ったものを運んで、調理して、食べる。

その流れが現場を支え、国の力となり、魚食文化を

つないでいくのです。

そう気づき、上田勝彦さんは、食育や調理などの講習を

積極的に引き受け、全国を飛び回るようになったそうです。

上田勝彦さんの講習は、普通の料理教室とは違い、

旬の魚がおいしくなる理由や、

「この味」が生まれる理由を解説しているそうです。

レシピは暗記。学んでも再現性が低い。

だからこそ、仕組みを分かりやすく伝え、家で応用できること

そこに焦点を当てていることが分かります。

魚のエキスパートだからこそできる技ですね。

スポンサードリンク

まとめ

以上、「魚の伝道師」上田勝彦さんについてでした。

日本人の魚離れが進んでいるなか、

このような活動をしてくださっている方がいると、

本当にうれしく思います。

身体によい栄養が詰まっている魚の魅力を

多くの人に伝えていって欲しいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする