【ポツンと一軒家】和歌山の和太鼓道場とは?和太鼓の先生は誰?

こんにちは、Hiroです。

2021年2月7日㈰19時58分から、

テレビ朝日にて、

「ポツンと一軒家が」放送されます。

今回は、

和歌山県、

紀の川の南にある山深い場所

一軒家を発見したそうです。

そして、

山あいの集落で確認すると、

そこは「和太鼓道場」のようです!

しかも、

道場の持ち主である和太鼓の先生が

近所に住んでいるとのこと。

道場の場所はどこなのでしょうか?

また、和太鼓の先生とは誰でしょうか?

気になって調べてみました。

スポンサードリンク

ぽつんと一軒家の「和太鼓道場」とは?

今回の一軒家は、

比較的新しい一軒家のようです。

出典:https://www.asahi.co.jp/potsunto/

捜索隊は最寄りの集落へ向かったそうですが、

その道中もかなりの山深さだったそう!

鬱蒼とした山道を抜けると、

山あいに大きな集落。

その道沿いの畑で草刈り中の男性に声をかけて、

衛星写真を確認してもらうと、

そこは、

和太鼓の道場なのでは、とのこと。

そして、

その道場の持ち主である和太鼓の先生が

近所に住んでいるという情報。

その和太鼓の先生の家は、

築120年以上という趣のある古民家だったそうです。

そこで暮らしていたのは、

かつて和太鼓のプロチームで活躍した経歴を持つ

ご夫婦とのこと。

その古民家も、

地元の人たちの集い場になっているそうで、

新型コロナウイルスの影響が出るまでは、

地域活性の一環でライブを行うこともあったそうですよ。

それでは、和太鼓道場の場所は

どこにあるのでしょうか?

スポンサードリンク

「和太鼓道場」の場所はどこ?

出典:https://www.asahi.co.jp/potsunto/

それでは、道場はどこなのかというと、

志賀太鼓道場というようです。

持ち主の先生は、

高野山山麓、

和歌山県伊都郡

かつらぎ町志賀の住まいのようです。

そして、道場は、

これでもかと上った山中に

ぽっこり出くわす

木造の稽古場

だそうです。

紀州太鼓集団MURASUPE、

鼓舞、

高松一家、

IKORAが定期練習

に使用しているとのことですが・・・。

これだけ山奥なら、

どれだけ太鼓をたたいても、

誰にも迷惑にはならないですよね!

それでは、道場の持ち主である

先生とは誰なのでしょうか?

和太鼓の先生とは誰?

出典:https://www.asahi.co.jp/potsunto/

それでは、和太鼓の先生とは誰かというと、

井寄忠明(いよりただあき)さんと、

山本良子(やまもとりょうこ)さんご夫婦だそうです。

「音工房PY-‘S(ぴーす)」をお二人で

やっているそうです。

(和歌山県かつらぎ町志賀1336)

井寄忠明さんは

大太鼓打ちであり、指導者。

山本良子さんは

太鼓と曲作りをされ、

ピアノも弾くそうです。

語り部コンサートや太鼓フェスティバル、

古民家ライブの開催

志賀太鼓道場の運営

各太鼓チームの指導

太鼓・バチ販売やレンタル、修理

などをされているそうです。

お二人は、もともと、

大阪の和太鼓集団

「OSAKA打打打団天鼓(てんこ)」

メンバーだったそうです。

そこから独立し、移住。

奥さんの山本良子さんが、

橋本市出身だそうで、

和太鼓演奏もする

九度山町の岡本章(おかもと・あきら)町長の紹介もあって

2001年1月東大阪から

かつらぎ町志賀

引っ越したそうです。

出典:http://hashimoto-news.com/

古民家での演奏の様子、

とても素敵ですね。

スポンサードリンク

まとめ

以上、

ぽつんと一軒家の「和太鼓道場」とは?

和太鼓道場の場所はどこ?

和太鼓の先生とは誰?

でした。

今回の和歌山県の「ポツンと一軒家」は、

和太鼓の道場でした。

持ち主は、

井寄忠明(いよりただあき)さんと、

山本良子(やまもとりょうこ)さんご夫婦。

山奥なら、どんなに太鼓をたたいても、

近所に迷惑が掛からず、

良い環境なのでしょうね。

それでも、そこまで行くのが大変そうです!!

今後もお二人のご活躍を期待しています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする