【激レア】老舗和菓子店の美人女将!吉村由依子の経歴と亀屋良長の店はどこ?

こんにちは、Hiroです。

2020年9月19日㈯22:10からテレビ朝日にて

「激レアさんを連れてきた」

が放送されます。

今回、

『老舗和菓子店の御曹司と結婚して

「ウフフッ」と思っていたら、

実は倒産寸前だったので

創業200年の伝統をぶっ壊してV字回復させた人』

が出演されるということで、

気になって調べてみました。

すると、京都の老舗和菓子店、

亀屋良長の美人女将である、

吉村由依子さん

浮上してきました。

吉村由依子さんは、

とても美人で素敵な方ですね!

経歴やお店の借金返済のアイディア、

お店の場所や商品についても調べてみました。

スポンサードリンク

吉村由依子さんの経歴は?

出典:https://mainichi.jp/

名前:吉村由依子(よしむら ゆいこ)

昭和52年京都府生まれ。

学生時代から料理がお好きだったそうです。

同志社女子大学 生活科学部 食物栄養科卒業。

Le Cordon Bleuパリ校で料理ディプロムを取得。

ご主人の良和さんと出会ったのは、

大学時代だったそう。

良和さんは、当時25歳で、

「亀屋良長」の8代目をを継いでいたそうです。

そして、出会いから3か月のスピード婚

平成12年に結婚され、

そして、平成13年から、

本格的にお店を手伝うようになったそうです。

そして、その頃、由依子さんは、

衝撃の事実を知ったそう!

会計士から見せられた店の資料で、

多額の借金を抱えていることが判明

そして、その額は数億円!

借金返済のために自分にできることはないかと、

考えたそうです。

そこで、由依子さんがしたことは

一体何だったのでしょうか?

吉村由依子さんが借金返済のためにしたことは?

出典:http://item.kameya-yoshinaga.com/

吉村由依子さんがまず考えたのは、

新規顧客の開拓

伝統的な和菓子を若い人に知ってもらえば、

もっと売れるかもしれない、と。

しかし、伝統の老舗。

職人さんや、夫に相談しても、

伝統をそう簡単に変えられないと、

一蹴されてしまいました。

そんな時に、

夫の良和さんの脳腫瘍が見つかり、

入院することに。

お店と病院通いをしつつ、

由依子さんは「新しい顧客を取り込む」

ことをあきらめなかったそう。

そこで、目をつけたのは、

長年変えていない商品の見直し。

その中でも「懐中おしるこ」

これを若者向けに改良。

粘りず良く説得して、

古株の職人さんに、

やっと作ってもらえることになったそうです。

すると、1シーズン200個しか売れなかった商品が、

なんと、2万5千個売れたそう!

そのアイディア商品は、

「おみくじしるこ宝入船」というもの。

従来品と一緒で、

お湯を注ぐとおしるこが完成するものですが、

そこにプラス、

桜、山、紅葉、ハート、亀の

ランダムに入った5種類のかわいいゼリーで

運勢が占えるというもの。

若い女性が好きそうですね!

出典:https://omikujisuki.seesaa.net/

出典:https://mame-lab.jp/

このような感じだそう。

何が出てくるか楽しみですよね!

お土産にも喜ばれそうです!

また、和菓子に四季の変化をつけたそう。

そうすることで、

季節ごとに変わる商品目当てに

お客さんが、

1年を通してくるようになったそうです。

インスタ映えする和菓子には、

女性のお客さんの注目が

集まったそうです。

そのように、

どんどんアイディアを出して、

由依子さんは、

業績をどんどん回復させたそう!

素晴らしいですね!

それでは、亀屋良長のお店はどこなのでしょうか?

スポンサードリンク

「亀屋良長」のお店の場所と商品は?

出典:https://souda-kyoto.jp/

「亀屋良長」(かめやよしなが)

住所:

京都府京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19

営業時間:9時から18時

(茶房:11時から17時)

元旦と2日除き、年中無休だそうです。

オンラインショップもあるようなので、

お取り寄せで、

食べることもできますね!

代表的な商品は、こちら。

出典:https://kameya-yoshinaga.com/

烏羽玉(うばたま)

1803年創業より作り続けている代表銘菓だそう。

香り、酸味、甘みの最もバランスのよい

波照間島産の黒糖を使ったこしあんに、

寒天とけしの実をかけたものだそうです。

上品で美味しそうですね!

そして、

管理人が気になったのは、これ!

出典:https://kameya-yoshinaga.com/

スライスようかん(小倉バター)!

パンの上に載せて食べる、

薄いようかんのシート。

丹波大納言小豆の粒あんようかんに、

沖縄の塩を効かせたバターようかんと

ケシの実がトッピングされているそう!

パン好きにはたまらないですね!

ぜひ購入したいです!

スポンサードリンク

まとめ

以上、

吉村由依子さんの経歴

吉村由依子さんが借金返済のためにしたこと

亀屋良長の場所と商品

についてでした。

吉村由依子さんは、

京都の老舗和菓子店、

亀屋良長に若くして嫁ぎ、

いろいろなアイディアで、

莫大な借金を抱えていたお店の経営を

V字回復させました。

亀屋良長には、今、

若い人向けのアイディア商品がいろいろあって、

とても惹かれます!

気になる方は、

ぜひチェックしてみてください!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする